2022.04.18. (写真=イェアライェソリ提供)[email protected] *再販とDB禁止ナボナは去る11~12日釜山ベクスコ第1展示場で今年10都市で予定した全国ツアー「Dream(55)」の砲門を開いた。

朝鮮日報によると、ナフンアは釜山コンサートの初日に去る2018年「平壌芸術団訪朝公演」に参加しなかった理由について説明した。

釜山出身のナフンアは、地元の方言で金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長に対して、そんな太った人の前で「自分の代表曲「愛」を歌えないと断言した。 「私が忙しくて行けなかったカーンが、忙しくてできないカンゲアイゴ、たたき殺しも(歌が)出ていないが、右のハヌ」と付け加えた。

平壌芸術団の訪朝公演当時、金委員長は韓国側に「なぜ来た俳優(歌手)(ナフナ)が来なかったのか」と尋ねたが、当時文化体育観光部長官だったド・ジョンファン議員は「スケジュールがあった来た」と答えたことが分かった。

ナフナがコンサートで北朝鮮関連発言をしたのは今回が初めてではない。

11年ぶりの2017年11月3日ソウルオリンピック公園オリンピックホールで開かれた単独コンサート「ドリームアゲイン」では、その年2月、マレーシアクアラルンプール空港で被殺された北朝鮮の金正男(1971~2017)の顔をスクリーンに登場させた。生前キム・ジョンナムが普段ナフナの「故郷への船」を楽しんで歌ったという報道が出たことがある。人がカラオケでこの歌をそのように歌ったという”と”故郷へ行く船”を呼んだ。 。 「もともとこの公演が平壌ですることになっていた公演だ。いろいろな話を尽くすことはできないが、この公演が誰の制裁を受けて誰がこういうという干渉を受けては絶対するのが大変だ」と説明した。

ナフナが平壌で公演したことがあるという。去る1985年離散家族の再会をきっかけに公演を繰り広げた当時、平壌大劇場の舞台に上がった。 2008年1月、過去のスキャンダル疑惑を否定する記者会見以後、メディア露出は極めて珍しい。去る2020年シンドロームを起こしたKBS 2TV「大韓民国アゲインナフンア」は彼が15年ぶりに出演した放送番組だった。

これによってナフナは自分のコンサートでのみ心を打ち明けることで有名だ。ファンに自分の言葉が編集されたり歪んだりするのが嫌だとし、自分のコンサートで普段やりたい言葉を湧き出させるのだ。ファンたちは「編集されたコミュニケーションではなく、きちんとしたショー(Show)樽が何かを見せる」と反応している。

しかもナフナは2020年に「テス型」を発表した後、大衆音楽歌手では珍しく社会的懸案に対して気軽に発言できる歌手になった。

彼は「大韓民国アゲインナフンア」出演当時、「(ソクラ)テス兄さんに「世界がなぜこういうのか」「歳月はなぜ流れるのか」と聞いたが分からなかった」と嘆いた。 「テス型」はギリシャの哲学者ソクラテスを指すことで、曲は自分の亡くなった父を考えて書いた曲として知られた。彼は25日大田コンベンションセンター第2展示場、7月2日昌原体育館、7月9日仁川南東体育館、7月16~17日大邱エクスコ東館、7月23日安東体育館、7月30日高陽体育館、8月20~21日、ソウルKSPO DOME、8月27日天安ユグァンスン体育館、9月24日、光州女子大体育館などを回る。

韓国戦争時期に生まれた彼らの出生届に誤りが多いが、ナフナは1950年に生まれたことが分かった。彼の最初の録音は1968年「私の愛」と確認される。シム・ヒョンソプ作曲のこの曲と「約束した道」でデビューし、「無視」「ガムリ」「雑草」「ふるさと役」「行かない」などのヒット曲を出して50余年の間トップ歌手として君臨してきた。正確に言えば、今年がデビュー55年目、来年がデビュー55周年だ。ナフナは去る11~12日釜山ベクスコ第1展示場で今年10都市で予定した全国ツアードリーム(Dream

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!