=w540″>

[ニュースエンファンヘジン記者]’コンセプト職人’グループ宇宙少女がコンサートを通じてファンと特別な思い出を築いた。

宇宙少女は6月11から12日まで単独コンサート’202 )’を開催し、会場をいっぱいに満たした観客とコミュニケーションした。特に今回のコンサートはオンライン中継を同時進行して世界中より多くのファンに会った。

13/202206131600560410_4_20220613160704474.jpg?type=w540″>

この日、宇宙少女は’La La Love(ラララブ)’、’Full Moon(フルムーン)’、’お願い’でコンサートの砲門を開いた。宇宙少女はキズをすることなく完璧なビジュアルと精巧なステージセットで友情(ファンダム名)に驚きと楽しさをプレゼントした。

/image/609/2022/06/13/202206131600560410_7_20220613160704581.jpg?type=w540″>

宇宙少女は”WONDERLAND”へようこそ。とときめきたっぷりの挨拶を伝えた。続いて「3年3ヶ月ぶりにコンサートがとても震えてときめく。頑張って良いステージを見せてあげる。最後まで一緒に楽しんでほしい」と歴代級ステージを予告した。

宇宙少女は一味違ったステージ構成、歌唱力とパフォーマンスファン。特に、既存の感じとは違う雰囲気に編曲した「お願い」、「New Me(ニューミ)」、「花火大会」、「奇跡のような子供」、「秘密だ」など多彩な選曲でコンサートの熱気を倍増させた。

各色の個性を盛り込んだユニットステージで今まで見せられなかった魅力を大放出した。ユニットステージの初ランナーとして、ダウォンの自作曲「Stronger(ストロンガー)」を初めてファンの前にダウォンと連想がデュエットで披露し、ザ・ブラックは「EASY(イージー)」を熱唱して感覚的な音色を誇った。チョコミは「フンチッポック」、「スーパーグラムヨ」を選曲して興奮する舞台で反転魅力を披露した。

/2022/06/13/202206131600560410_13_20220613160704835.jpg?type=w540″>

以後、「Babyface(ベビーフェイス)」を歌って再び完全体で集まった宇宙少女、’Hurry Up(ウエストアップ)’、’BADABOOM(海ブーム)’など興を大爆発させる曲でファンたちの肩をさらりとさせた。 「クイーンダム2」ファイナルコンテスト当時歌った「AURA(オーラ)」を夢幻的な雰囲気と素敵なパフォーマンスで披露し、宇宙少女にすっかり落ちるしかないステージを完成した。春’、’イルリ’、’夢見る心で’、’HAPPY(ハッピー)’、’Boogie up(副企業)’に続き、最後の曲’Unnatural(アンナチュラル)’まで情熱をすべて注いだ舞台を披露した。最後に宇宙少女は「私たちこそこの公演を通じて慰めとエネルギーを受けていくようだ」と大切な時間を一緒にしてくれたファンに心からの心を伝えた。 「宇宙少女はユニット活動、OST、ミュージカルと映画、ドラマなどの領域を行き来する個人活動を続け、最近終了したMnetコンテストプログラム「クイーンダム2」では、代替不可能なコンセプト職人で舞台パフォーマンスとあふれる情熱で最終優勝を占め、跳躍に成功しただけで1年4ヶ月ぶりに7月5日スペシャルシングルアルバム「シーケンス(Sequence)」でカムバックを控えており、ファンの期待がさらに高まっている。

を通じてファンと特別な思い出を築いた。宇宙少女は6月11から12日まで単独コンサート2022宇宙少女コンサートワンダーランド(2022 WJSN CONCERT WONDERLAN

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!