[서울=뉴시스]전재경 기자=作曲家兼プロデューサーユ・ヒヨル関連盗作主張がまた出た。

ピアノ作曲家ジュンジョは15日、自身のYouTubeチャンネルに「[これも盗作でしょうか?]ユ・ヒヨル’私がオンになる時間’と坂本(森コネ)’1900’比較」というタイトルの映像を上げた。

ジュンジョは「ユ・ヒヨル作曲家の’生活音楽’のうち4回’私がオンになる時間’また、坂本龍一の演奏と類似性があり、見せて問題を提起したい”と話した。

続いて「坂本は映画「1900年」に挿入されたエンリオ・モリコネの音楽をピアノに編曲して披露した。原作者(モリコネ)や編曲者(坂本)への言及なしに本人の曲のように作品を発表したようだ」と主張した。謝罪したので、今このような映像を上げるのは慎重だが、後で再び問題が起きる前に問題を突き止めるのが良いと思い、アップロードを決心した」と述べた。ジャンルの中で「無意識的な模倣」はある程度避けられないと考えている。聞いた人たちの分け前だろう」と付け加えた。彼は2013年に放送されたMBCバラエティ『無限挑戦-自由歌謡祭』で発表されたユ・ヒヨルの『フリーズ・ドント・ゴー・ミー・ガール(Please Don’t Go My Girl)(Feat. キム・ジョハン) )とグループパブリックアナウンスメント(public announcement)の「ボディバンピン(Body Bumpin)」の類似性を指摘し、「この曲が盗作かどうかわからない。戦後情況上の疑いになる」と主張した。 >

一方では盗作疑惑提起に対して慎重に接近しなければならないという主張が出ている。準調がわかったように、無意識の模倣は避けられない側面があり、モチーフの類似性もあり得るからだ。法的に問われた場合、盗作ではない場合に明らかになることが多い。

これに先立ち14日、ユ・ヒヨルは「ライフミュージック」の2番目のトラックである「非常にプライベートな夜」と日本のピアニストの坂本龍一の「アクア(Aqua)」が似ているという指摘について、「長い時間最も影響を受け、尊敬するミュージシャンなので、無意識の中に私の記憶の中に残っていた同様の進行方式で曲を書くことになった。盗作主張がまた出た。ピアノ作曲家ジュンジョは15日、自分のYouTubeチャンネルに「これも盗作でしょうか?」

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!