?type=w540″>/写真=KBS 2TV’ミュージックバンク’放送キャプチャー
グループ防弾少年団が’ミュージックバンク’にカムバックするとすぐに1位になった。アミのびっくりイベントで「どうせ優勝は防弾少年団」だった興味深い対決構図だった。 6月第3週1位候補で防弾少年団「Butter」と防弾少年団「Yet To Come」が対決した。

ある歌手が1位候補に両方の曲を載せて’自分との対決’を行ったのは音楽放送思想異例の場合で皆を驚かせた。防弾少年団は昨年5月に発表したヒット曲「Butter」と10日に発表した新曲「Yet To Come」で、同日「ミュージックバンク」1、2位を同時に占めた。

/写真=KBS 2’TV放送キャプチャ/写真=KBS 2防弾少年団の2曲をすべて1位候補に上げた亜美の底力が再び引き立つ。防弾少年団が「Yet To Come」活動を最後に去る9年間のグループ活動パート1を終え、しばらくは個別活動を中心にすると発表した。この日アミたちが防弾少年団に意味のある2曲を1位候補にあげたこと自体でメンバーたちにびっくりプレゼントをしたのだ。’Yet To Come’は暖かい雰囲気のメロディと’あなたの最高の瞬間はまだ来ていない’という希望的なメッセージを込めた曲。防弾少年団の音楽的悩みと哲学が埋もれている。 「Butter」は防弾少年団が2021グラミーアワード受賞に挑戦した最近最後の曲で意味を持つ。防弾少年団は’Butter’で難攻不落のグラミーアワードに2年連続挑戦したが残念ながら受賞が不発だった。それにもかかわらず、彼らは韓国大衆音楽歌手初めてグラミーに挑戦したグループとして有意な足跡を残した。

防弾少年団は16日、Mnet「Mカウントダウン」に続き、この日「ミュージックバンク」でも1位を獲得し、名実​​上トップアイドルグループであることを立証した。

防弾少年団のメンバーたちはこの日、亜美と現場で’Yet To Come’と’For Youth’を一緒に熱唱して格別な感慨を感じるように見えた。特にジンとジミンは、目の鞘を赤くして痩せた鼻の先をつぶして目を引いた。

/写真=KBS 2’TV放送キャプチャ
最後に公開された防弾少年団の舞台準備現場映像で、メンバーたちは恥ずかしい’エンディング妖精’表情を披露してファンと疎通した。防弾少年団は亜美の前に立った後、「こんなに近づいて見るのがいくらなのか」、「不思議」、「震える」、「なるほど久しぶりに見て耳が赤くなる」と言った。ジンは「亜美の皆さんが話しているのが私の人で入ってくる。「ソクジンがハンサムではなかったか」という」と笑いを誘った。言った。

ビュは「アーミーの前でステージを本当にやりたかった。本当に見たかったし愛しています」とジミンは「とても幸せで余韻を持って家に帰る」とジョンククは「録画を終えたのにこの震えが止まらない」と話した。

この日「ミュージックバンク」には「ミュージックバンク」にはBDC、bugAboo(バーガブ)、BVNDIT(バンディット)、DRIPPIN(ドリピン)、ICHILIN(アイチリン)、LIGHTSUM(ライサム) 、NCT DREAM(エンシティドリーム)、OMEGA X(オメガX)、PIXY(ピクシー)、SECRET NUMBER(シークレットナンバー)、TNX、TRENDZ(トレンド紙)、woo!ah!(優雅!)、ダン(DAWN)、防弾少年団、ウォンホ(WONHO)、チョ・ユリが出演した。亜美のびっくりイベントでどうせ優勝は防弾少年団だった興味深い対決構図だった。防弾少年団は17日に放送されたKBS 2TV音楽番組ミュージックバンクで

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!