‘別れ職人’ヘイズが名不虚伝別別宋を持ってカムバックする。

ヘイズは3年ぶりに発売する今回の正規アルバムのタイトルに「元の状態に回す」という意味を持った今回の「Undo」で「振り返ってみたその時その瞬間、帰れないその時その瞬間」についての話を盛り込んだ。 Minny of(女子))、「ストリートマダ(Feat. I.M of Monsta X)」、「Love is HOLO」、「君に会う」、「スーパーカー」、「旅行者」、「About Time」など10曲中ヘイズは演奏曲「About Time」を除く9曲の作詞、作曲に直接参加した。

30/0001468988_002_20220630165101606.jpg?type=w540″>

この日、ヘイズは新報について”曲になることを願う”と言葉を開いた。そうです、そして私の状況とちょうど落ちる記憶があったので、すぐに作詞した」と説明した。

<ヘイズは自分につく修飾語の中で好みと新しい修飾語に対する考えも明らかにした。 「アーティストごとにそれぞれの役割があるのに、私は別れのインスピレーションが私の役割だと思う」というヘイズは、「事実「別れ職人」という修飾語を初めて聞いたときは、何度も別れてしまいそうな感じがなくていた。だが肯定的に言えば別れを担当する歌手として誇りを感じている」と自信を示した。自分の声が溶けない演奏曲をアルバムの最後に配置する理由は何だろうか。

/0001468988_003_20220630165101662.jpg?type=w540″>

これについてヘイズは”今回のアルバムに時間と瞬間について書いた。は、すべてが収められない時間について表現するために、ひたすら楽器だけで満たした曲だ。時はあまりにもしたいほど速く、ある時はあまりにもしたいほどゆっくりではないか。そんなことをアルバムの最後に必ず入れたかった”と格別な意味を明らかにした。ヘイズは「コラボレーションを通じて曲の完成度を高めた。楽しく栄光だった」とキリボーイ、ジョー​​ジ、(女の子)アイドルミンニー、モンスターエックスアイエムなどと共同したコラボレーションに満足感を表わした。

「Undo」はこの日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて発売される。 30日午後、ヘイズの2番目の正規アルバムUndo発売記念オンライン記者懇談会が行われた。ヘイズは3年ぶりに発売する今回の正規アルバムのタイトルに元の状態で

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!