オ・ユンジュ記者] 歌手ヘイズ(Heize)が刀を切って準備した正規2集を出す。ヘイズの正規アルバムは2019年3月に発売した「She’s Fine」以来約3年ぶりだ。心配をかけないために回復するのに時間を費やした。運動もアルバム作業も一生懸命してこう出てくるようになった」という近況を明らかにした。できないその瞬間の話を盛り込む。アルバムのあちこちにメッセージを隠しておいたヘイズは、時間というキーワードを多様な視線で解放する見通しだ。

ヘイズは「どうしても正規アルバムだから欲があった。正規だと少し重い感じではないか」とし「コンテンツ、放送活動が多くない人なのに今回はできることを全部やってみたかった。曲別にトラックビデオも全部撮ってとても多様なコンテンツが用意されている。お見せするのが豊富なアルバム」とした。

06/30/202206301501723377_2_20220630150405440.jpg?type=w540″>
ヘイズは演奏曲の”アバットタイム”を除いた9曲の作詞、作曲に直接参加。 「みんなで私の経験から出てきた」という彼は「​​感じたことをたくさん書いた。経験で感じた点がそっくり詰め込まれたアルバム」と明らかにした。 「アバウトタイム」を入れた理由については「知っている単語には含まれない時間を表現するためにひたすら楽器だけで満たした曲」と説明した。 「なかったことで」するという誓いのような話を込めている。ヘイズは痛みと懐かしさではなく後輩という感情に集中した。

特にヘイズはミュージックビデオに変わった変身を予告した。センのイメージを聞いて「私が生まれて初めてタバコをしてみた。私の手と口に握って尋ねた」とし「タバコを短く学んで撮影したが、素敵によく出た。咳が出すぎて味がとても苦い。’思った」と笑った。それと共に「「愛したことがなかったことにすることで心をしっかり食べた女性を演じた。この瞬間を最後に私のために生きるという感情が目つきやシーンに多く溶けたようだ」と描写した。

‘も貪欲だ。ヘイズは今後の目標として単独コンサートを挙げて「私も会社もあまりにも望んでいる。時期を調整している。確定することはできないが今年は必ずしなければならないようだ」と話して期待を高めた。

「アンドゥ」にはタイトル曲をはじめ、「たぶん私たち(Feat.ジョージ)」、「アイドントライ(I Don’t Lie)(Feat。キリボーイ)」、「泥棒(Feat. Minny of(女)の子供たち)」 、「距離ごと(Feat. I.M of MONSTA X)」、「Love is ホロ」、「お会い」、「スーパーカー」、「旅行者」、「アバウトタイム(About Time)」など10トラックが収録される。/p>

ヘイズの新報「アンドゥ」とタイトル曲「なかったこと」はこの日午後6時発売される。

記者 [email protected])

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!