エンターテイメントが1日、ソウル市立交響楽団とレッドベルベットの「フィルマイリズム」オーケストラバージョンを公開した。 SMエンターテイメント提供
SMエンターテインメントが所属ガールズグループレッドベルベットの歌「フィルマイリズム」オーケストラバージョンを1日公開した。 「クラシックス」が発掘した作曲家イ・グァンイル、チョ・インウが参加した。去る3月に発表されたレッドベルベットの「フィルマイリズム」は、ドイツ作曲家ヨハン・ジェバスティアン・バッハの管弦楽母音曲をヴァイオリンG弦だけで演奏した「G線上のアリア」を利用して作った曲だ。

SMエンターはソウル市香と2020年初めてジャンル間のコラボレーションのための業務協約を結び、レッドベルベットのヒット曲「赤味」とSHINeeジョンヒョンの「一日の終わり」をオーケストラバージョンで演奏した。 SMエンターはK-POPの底辺を広げるため、自社のヒット曲をオーケスタ版にし、コンサートも開く計画だ。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!