=w540″>/写真提供=YGエンターテインメント
アイドルグループWINNERが2年3ヶ月ぶりの完全体カムバックを報告して明るくなった姿を盛り込んで、今後の未来に対する考えも伝え、歩みへの期待感を伝えた。 WINNERは5日午前11時、ソウルハプジョンドンYGエンターテイメント社屋でカムバック記者懇談会を開いた。 WINNERはこの日午後6時、ミニ4集「HOLIDAY」を発表する。特別なシーズンでなくても好きな人(ファン)と一緒なら、どんな日でもその瞬間が「HOLIDAY」という意味で盛り込まれた。

image/108/2022/07/05/0003068018_002_20220705130101961.jpg?type=w540″>/写真提供=YGエンターテインメント
タイトル曲「I LOVE U」は清涼感あふれる。誰でも簡単にフォローできるディスコ風ダンスとポイント振り付けが予告された。 他にもアルバム収録曲ともにウィナーメンバーらが直接作詞・作曲に参加した。アルバムにはレトロなユーロダンスサウンドがエキサイティングな「10分」、ムンバトンスタイルの「HOLIDAY」、暖かい感性が引き立つ「家で」、808ドラムにアコースティックギターストローク相性がよく調和した「FAMILY」、気の利いた歌詞「子指」などが盛り込まれた。

/写真提供=/p>

ウィナーはこの日、まずカムバック感想を伝え、「幸せで嬉しい。ソロ活動の時の感じと完全体で活動する時の感じが違って準備して幸せで、今回の活動も幸せにしていくつもりだ」と伝え、「アルバム名で感じられる同じようにリラックスした癒しの歌を収めた。アルバムを一緒にする瞬間、私たちもホリデーになるという意味を込めた。 >

メンバーカン・スンユンは「I LOVE YOU」について「活動9年目を迎えながら重みのある歌を歌いたくなかった。ちょうど砲門を開く始点だと思う。色が濃いようだと言ってくれているようで、私たちはただスプーンだけ乗せた感じ」とし「清涼感と噛み合うようだ。歌手の人生でそのような色があるということはないかもしれませんが、ウィナーポップで愛してくださって、そんなに一生懸命活動するという意味で使うようだ」と話した。

幕を分けることの定義が時期的ではないのに、1幕ではみんな一緒に一生懸命歩いてきたら、2幕ではその道が広がるのを考えた。に出てきた。薬と空白期間についての質問も受けた。手足を合わせると、彼らとの相乗効果が快適さで迫ってきた。一緒に同じ道を夢見ていて、今後も幸せにできるという考えが、私たち全員が口が集まった部分なので、自然に再契約をすることになった」と述べた。イ・スンフンのキム・ジンウ入隊の時も、私とミンホが活動を熱心にし、そう長くなかった時間だった。二人の口からの空白もそんなに感じなかったらいいのに、そう悲しいか悪く思わなかったらいいなと思った」と話した。相変わらずメンバーたちと粘り強く前に進むことができるきっかけになった」とし「その版を作ってくれたのがYGだ。会社の信頼を下げて良い結果を作り、ファンとの約束を捨てたくなかった」と話した。おかげで準備が良くなっていて、WINNERが素早く良い歌でカムバックできたと思う」とし「今回のカムバックを準備しながら、ときめいて激しい心だった。早くファンの方々にお見せしたかった」と話した。今回も自分だけの音楽を作る時とウィナー音楽を作るときに距離を置こうとしたのではなくむしろミックスをしようと努力していたようだ」と答えた。で撮影をしているのに集まって幸運を成し遂げたので抜けずに一緒についている粘着性を示したい”とし”可能であれば今回も舞台の上で対面できる席を持ってほしいという願望も持っている”と話した。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!