ファンデミック以後、爆発的成長を維持
BTS 452万枚で1位… 100万枚以上の販売歌手8チームに達し、海外ファンダム比重日々が増加傾向… 「下半期も好況続くように」

(ソウル=ヨンハップニュース)

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ファンデミックで止まった公演が再開されたが、アルバムの影響を受けずに下半期にもKポップ市場の好況を期待する「バラ色の展望」が出てくる。 >

販売量の詳細履歴を見ると…海外ファンが「大きい手」になったチャートでは国内と海外販売量をそれぞれ区分して公表するが、ここで海外ファンの比重を計ることができる。ザラインを発売日の去る5月27日にのみ140万枚以上売り上げる底力を誇示したが、この日販売量のうち73.1%である103万1千980枚が海外で売れたものと集計された。

またNCTドリームの正規2集「グリッチモード」(Glitch Mode)も発売初日の3月28日販売量のうち、95.4%の74万522枚が海外で売れたと調査された。

今年上半期、米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」では、防弾少年団とストレイキッズが1位を占めたことをはじめ、トゥモローバイトゥゲザー(4位)、TWICEナヨン(7位)などが相次いで良い成績を収めた。 p>

人気のもう一つの尺度に挙げられるミュージックビデオYouTubeの視聴回数は海外ファン依存度がさらに高い。実際、YouTubeの統計を見ると、最近1年間防弾少年団のYouTube映像の視聴数が高い国家上位10カ国の中で半分の5つがインド(2)上)、インドネシア(5位)、フィリピン(7位)、タイ(9位)、ベトナム(10位)など(東)南アジア地域であることが分かった。自信者グループを結成する際、中国と日本ではなく東南アジア地域出身のメンバーを入れることが流行のように広がっている。

Kポップコンサート(CG)
特定人物と関係のない参考資料イメージである
[連合ニュースTV提供]

ある有名アイドル芸能企画会社関係者は”過去Kポップが一部のファンが好きな「マニア文化」の感じが強かったら今は主流としてその底辺が広がったのが事実」とし「米国のビルボードチャートに私たちの歌手たちが進入するのが見知らぬことになった。これにアルバム販売量が良くなる」それが当然のことだ」とわかった。現地放送会社主催のような合同公演の提案も途方もなく入ってきて、ほとんど入ってくれないほど」と雰囲気を伝えた。

この関係者はそうして「このような好況は今年下半期はもちろん、しばらく続くことはないだろうか」と見通した。

[email protected]

ファンデミック以後、爆発的成長傾向維持BTS 452万枚で1位… 100万枚以上の販売歌手8チーム達して海外ファンダム比重日々が増加傾向…下半期も活況を呈しているようです(ソウル=ヨンハップニュー

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!