(EXPORTSニュース露記者) グループブリッチャーズ(BLITZERS)がパキスタンで撮影した新曲「Hit The Bass」ミュージックビデオで壮大さを誇った。 「WIN-DOW」(ウィンドウ)を発売し、タイトル曲「Hit The Bass」(ヒット・ザ・ベース)のミュージックビデオを公開した。

“WIN-DOW”は前作「CHECKIN」’と続くアルバムで、本格的な旅行を始めるアルバムだ。旅行中に窓の外の風景を見て、今後のことについて期待して誓う率直さが込められた。 「ウィンドウ」、「ラブイズニューグラビティ(Love is New Gravity)」、「あくび(HAPOOM)」、「グラデーション(Gradation)」まで6曲が収録された。

=”https://mimgnews.pstatic.net/image/311/2022/07/20/0001478265_003_20220720180101634.jpg?type=w540″>

タイトル曲「Hit The Bass」ヒップホップ、さらに一歩近づけようと努力する少年らしい率直な魅力が表現された。特に去る1月初のシングル「BOBBIN」を通じてニューメタルの強烈な姿と対照されるコンセプトで多彩な魅力を表わした。

it)/We gonna run outta time/Steal it (feel it)/맘이 가는대로 (yeah)/Can’t take it anymore 爆発するようにで中毒性を高めた。

共に公開されたミュージックビデオはKポップ初めてパキスタンで撮影された。 「アリババと40人の盗賊」をモチーフにした曲に合わせて壮大なスケールを誇った。ブリッチャーズの清涼ながらも強烈なビジュアルが印象的だ。

写真=ウジョーエンターテイメント

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!