ユ・ヒヨルに続き、イ・ムジンが代表曲「信号など」で盗作疑惑に包まれた。イ・ムジン側は直ちに疑惑を否定したが、歌謡界に吹く「盗作疑惑」風がイメージしない。

関連記事にはイ・ムジンの代表曲である「シグナルなど」が日本歌手セカイノ・オワリの2015年発売曲「ドラゴンナイト」と似ているという主張が盛り込まれた。また、日本バンドデパペコが「ドラゴンナイト」をアコースティックバージョンでカバーした曲とも似ているという指摘が出た。初心者のドライバーとして例え、自らが経験した感情を込めた曲だ。発売後、音源チャートと音楽放送1位を占めるなど一気に「音源強者」修飾語を得るほど大きな人気を集めただけに、ネチズンの間でも「似ている」という反応と擁護意見が続き、甲論を打ちつけている。 p>

これに所属事務所側はこの日すぐに口を開いた。ビッグプラネットメイド側は「「信号など」はアーティスト本人が直接経験した感情をもとに作られた創作物であり、全体的な曲の構成やメロディー、コード進行などを分析した結果、類似疑惑が提起された曲とは無関係だ」と申し訳ないという立場を明らかにした。

の盗作疑惑に先立ってユ・ヒヨルが1ヶ月余りの長い間盗作論議に包まれた末に13年3ヶ月間進行を引き受けてきたKBS 2TV「ユ・ヒヨルのスケッチブック」で下車した。プロジェクト2番目のトラック「非常にプライベートな夜」が龍一の曲「アクア」に似ているという疑惑が提起されたこと。

これに原曲者の龍一坂本側は「二曲の類似性はあるが、私の作品「アクア」を保護するためのいかなる法的措置が必要な水準だと見ることはできない」という立場を明らかにした。

それでも疑惑は続き、ユ・ヒヨルは「今提起される盗作疑惑には同意しにくい部分がある」としながらも「ただし、このような議論が再び起こらないように自分自身をより厳しく調べる」と立場を明らかにした。

ユ・ヒヨルの余波で移籍の「嘘嘘嘘」も、1995年にブラジルで発売されたライムンド・パグネルの「Rubi Grena」と似ているという疑惑に包まれた。これに所属事務所側は「対応する価値がない」と善を引いた。大衆は引き続き日を立てている。歌謡界は盗作論争が他の歌手たちにで広がる懸念の中できつく緊張している。 。イ・ムジン側はまっすぐ疑惑を否定したが、歌謡界に吹く盗作疑惑風がイメージしない。最近、いくつかのオンラインコミュニティを中心にイムジンの信号灯盗作

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!