歌手ヒョナが再び飛び上がる。/p>

タイトル曲「ナビレラ」は、誰かの記憶の中に長く跡を残したいという気持ちを蝶になりたいと表現したラテン風のダンス曲だ。ヒョナとサイ(PSY)、ダン(DAWN)が歌詞を共同で作業した「ナビレラ」は、ヒョナだけの果敢で堂々とした魅力を盛り込んだ曲だ。ふっくらと弾む魅力の「Picasso & Fernande Olivier」、ソン・ウジョンアとの相乗効果が期待される「ガッカ」、ドライブソングに選ばれた最後のトラック「Watch Me」など計5トラックが収録された。今年デビュー15周年を迎えたヒョナは「ナビレラ」の作詞、作曲、プロデュースにも参加した。優雅さとパワフルさが共存する彼のオーラが今夏の歌謡界を華やかに彩る予定だ。

/07/20/0001478266_002_20220720180102917.jpg?type=w540″>

‘ナビレラ’の’ナビレラナナナビレラ What/ナビレラ’というサビは強い中毒性を持って頭の中を叩きます。病気のように私のトクソヌンカーブ/神の祝福が私の全身を湿らせて’などヒョナ特有の堂々たるさが埋もれている歌詞も印象的だ。ロス・デル・リオ(Los del Rio)の「マカレナ」振付を応用したパフォーマンスも新たな喜びをもたらします。

失うことができないのが舞台だから、元気に舞台に立てたい。絶対に失うことができない。デビュー15周年を迎え、さらに濃くなった濃い色に戻ってきたヒョナの「ナビレラ」だ。飛ぶ。 20日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じてヒョナの8番目のミニアルバムナビレラが発売された。タイトル曲ナビレラは誰かの記憶の中に長く跡を残したいと思います

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!