>歌手チャン・ウヒョク写真提供WHクリエイティブ

グループH.O.T出身チャン・ウヒョクの練習生暴行論議と関連メッセージが公開され、工房が予告された。

職員A氏とB氏を虚偽の事実による名誉毀損や業務妨害などの容疑で訴えた。これに先立ち、A氏とB氏がオンラインコミュニティを通じて会社勤務再びチャン・ウヒョクに暴言と暴行、不当な扱いを受けたと主張する文を掲載した。彼らはそれに先立ちWHクリエイティブ練習生だったというC氏が過去チャン・ウヒョクから悪口などを聞いたと謝罪を要求する文が上がった後これに同調する文を上げた。事実ではないので通り過ぎるだろう」と安日に考えたことが毒になった。ファンに誇らしいアーティスト、熱心な歌手になるように法的対応するだろう」と結論を主張して強硬対応を予告した。

/144/2022/07/20/0000826527_002_20220720143901341.jpg?type=w540″>歌手チャン・ウヒョクカトク。 YouTubeチャンネル「芸能後統領イ・ジンホ」映像キャプチャ

告訴に先立ち、最初に暴言や暴行を主張したC氏とは直接会って対話を通じて問題を解決したことが分かった。これにAさんとBさんだけが訴えられ、チャン・ウヒョクは彼らの主張がすべて虚偽の事実だと強く主張している。公開された対話で、A氏はチャン・ウヒョクに「頭を殴ったことに気をつけなければならないようだ」とし「私は現場になくてどんな雰囲気だったのか分からないがよく越えなければならない」そうだ。暴力はいかなる状況においても正当化することができない。明日の状態を見て、自然に話しかけてみるのにどうか」と話した。これにチャン・ウヒョクは「私が最後に良い話をした。当たってはいけない絶対。ご飯を買って良く多読してください」と答えた。

だけでなく、該当のYouTubeは、ビデオの最後に「もう一つの被害者が存在し、関連資料がある」ともう一度暴露することを知らせた。

意見が分かった中で、チャン・ウヒョクが反論の立場を明らかにするかどうかが注目される。工房が予告された。チャン・ウヒョクは去る19日自身が運営する所属事務所WHクリエイティブ前職員A氏とB氏を虚偽事実による名誉毀損と業務室

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!