?type=w540″>

[スポーツソウル|キム・ミンジ記者]グループフィウォンハーモニー(P1Harmony)のインタクがピウォンハーモニーだけの魅力で音楽放送1位をしたいという堂々と抱負を明らかにした。

ピウォンハーモニー(シンボル、テオ、ジウン、インタック、ソウル、チョンソプ)は20日午後4番目のミニアルバム「ハーモニー:ゼロイン(HARMONY:ZERO IN)」発売を控え、ソウル広津区イェス24ライブホールでショーケースを開いた。インタクは今回の音源活動の目標で「今回多くの先輩たちと一緒にカムバックすることになった。私たちは被援助ハーモニーだけの素敵な魅力を披露するよう努力する」とし「音楽放送1位を握ってみたい」と抱負を明らかにした。やってきた今回のアルバムもフィウォンハーモニーが直接作詞、作曲に共に参加した。今回のアルバムの全曲作詞に参加したインタクは「どうやらアルバムごとに作詞に参加している。新しいアルバムを出すたびに、もっと素敵な曲と歌詞をお見せしなければならないという負担感が大きいとし、「今回も作詞を務めて悩みが多かったが、その負担感まで成長させることができる足場になってくれた。その負担感を踏み出して素敵に一生懸命準備した」と感想を伝えた。雰囲気が反転する。

一方、「ハーモニー:ゼロイン」は20日午後6時、各種音源サイトを通じて発売される。

FNCエンターテインメント

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!