クァク・ジンオン小劇場コンサート Op.3 ㄱシンガーソングライター クァク・ジンオンが観客の感性を刺激する舞台で80分をいっぱいに満たした。コンサートOp.3’を成功裏に終えた。

クァク・ジヌンはこの日公演でミニアルバム「チョンルン」のタイトル曲「あなたのもの」でオープニングを飾った。彼は「醜い天気にも席を埋めてくれて本当に感謝している」とし「今回が’Op’シリーズの3回目の公演であり、1と2を異なって準備したが、今回も異なって準備すればよさそうだった。上がって歌を歌った」と観客と挨拶した。

「誇り」で公演を続けたクァク・ジヌンはヴァイオリニスト・アドレスヨンの演奏に合わせて「秘密」を熱唱した。この日の公演にはヴァイオリニスト・アドレスヨンとピアニストチョン・ジンヒ、ギタリストホニブ(チェ・ジュンハ)が参加してステージの完成度を高めた。続いてクァク・ジンアンは「自由に」、「一緒に歩く道」とカバー曲「鉄の敷地」、「私の心に映った私の姿」を歌い、多彩な舞台をプレゼントした。

取ったね、未発表曲「さっきから」を披露し、観客の呼応を引き出した。クァクジン言は「雪降りた日」、「202号」に続いて「タクシーに乗って」、「私と分かち合う」を歌って最後の舞台を飾った。を伝え、「’Op’シリーズがしばらくの休憩を持たせようとする。アルバム作業をしなければならず、一緒に並行するのが難しいようで、数ヶ月間休む時間を持ちながらアルバムを準備して再び公演を準備しそうだ」と話した。

続いて「続々と公演が続くので、皆さんに舞台を上げるには曲があるはずだ。最小シングルを目指して曲作業をして再び皆さんに挨拶するようにします。ありがとう」付け加えた。

クァク・ジンオンはもう一つの未発表曲「ある夜に」をアンコール曲としてプレゼントし、最後まで深い余韻を残した。は去る5月初公演’Op.1’を皮切りに去る23,24日’Op.3’まで計7回進行された。公演は舞台と客席の距離を狭め、息吹まで交感する公演でファンの熱い呼応を得た。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!