最近のソロアルバム「ポディウム」を発売したユ・チェフンが初の単独コンサートを盛況裏に終えた。

ホールで単独コンサート「ポジウム」を開き、ファンと会った。 今回の公演は6日、ユ・チェフンが発売した初のミニアルバム「ポディウム」を記念して初の単独コンサートで用意された舞台だ。アルバムにはタイトル曲「星の記憶」を含む5曲のバラード曲が収録されており、初動販売4万4千枚を記録し、ソリストとしての成功的な第一歩を踏み出した。

ユ・チェフンはこの日新しいアルバム収録曲の’花’を歌って公演の砲門を開いた。舞台中央ポジウム(単相)を通じて登場したユ・チェフンは観客の拍手を受けた後、無伴奏で歌を始め、観客の注目を集中させた。以後、シン・スンフンの「私が私に」を続けて公演の没入度を高めた。

続いて’夏’テーマが盛り込まれたユ・チェフンの写真で舞台が飾られた。ユ・チェフンが直接作詞した「このまま夏」を皮切りにアルバム初のトラック「散歩」を続けて歌っている間、ユ・チェフンがこれまで直接撮っていた写真が舞台背景として使われ、今回のアルバムのコンセプトをそのまま表現した。 3番目の曲ではキム・ドンリュルの’夏の終わり’を続けて歌って感性的な夏の雰囲気をプレゼントした。

尊敬する先輩をリスペクトする舞台では、ザウリムの「Going Home」と「25、21」を歌い、アイドルステージではブラックピンクの「不遊び」とある(ITZY)の「WANNABE」を準備してパワフルな歌唱はもちろん、ラップをはじめとする(ITZY)の肩の踊りまで消化した。

ユ・チェフンは「長い間大衆歌手を夢見ながら声楽を専攻し、クロスオーバー歌手になった。僕の音楽を聴く方はみんなその道を一緒に歩く同志のようだ」とファンへの感謝を伝えた。

またラポエムのチョン・ミンソン、チェ・ソンフン、パク・ギフンがびっくり訪問して公演を祝ってくれた。ここにチェ・ソンフン、パク・ギフンは人間の花輪のフレーズを首にかけ、普段ウサギの別名があるユ・チェフンのためにニンジンまで直接準備してくれるなどラポエムメンバーたちの粘り強い友情を確認することができ、舞台と客席は笑いと歓呼でいっぱいだった。ゲストとして舞台に上がったチョン・ミンソンはユ・チェフンの今この瞬間を祝うとし、「古い歌」と「今この瞬間」を歌った。

パート2では、ウィッケンドの「Blinding Lights」、ブルーノマースの「Versace On The Floor」、レディー・ガガの「Born This Way」を歌い、会場の雰囲気を引き上げた。はジャンナビの「躊躇する恋人たちのために」とポルキムの「すべての日すべての瞬間」を歌った。

ユ・チェフンは最後の曲でミニアルバムのタイトル曲「星の記憶」を歌った。ファンはあらかじめ用意したスローガンを持ってユ・チェフンの最初の単独コンサートを一緒に祝った。

今回の公演のハイライトはアンコール曲「イルモンド」だった。ユ・チェフンが’ファントムシンガー3’で歌って話題を集めた曲でもあり、この席に上がることができるようにした象徴的な曲だけに公演場を訪れた観客たちをはじめユ・チェフンにも格別な曲だった。

ユ・チェフンは声楽家としての姿でイモンドを呼んだ。 2節では、すべての音響、楽器サウンドが止まり、ユ・チェフンもマイクを下げたまま育成で歌った。 1300席の会場の隅々まで彼の声が響き渡り、観客は息を呑んで集中した。再び楽器と音響が敷かれ、ユ・チェフンは爆発的な歌唱で「イルモンド」を終え、オープニング時に登場したポジウムを通じて退場した。一方、初の単独コンサート「ポジウム」ソウル公演を盛況裏に終えたユ・チェフンは30日、31日釜山、8月13日、14日全州公演まで熱い熱気を続ける予定だ。

>

写真=モースミュージック

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!