https://mimgnews.pstatic.net/image/629/2022/07/27/20226312165839669300_20220727070102022.jpg?type=w540″>俳優カン・テオ/ザファクトDB

ENA水木ドラマ「奇妙な弁護士ウ・ヨンウ」がシンドローム級人気を謳歌している。台本、演出、演技3拍子が合致した結果という好評の中で何より女主人公パク・ウンビンをはじめとする主役たちの輝く演技が注目されている。このうちカン・テオは「隠れた宝石」と評価される。いつのまにかデビュー10年目を迎える俳優カン・テオがじっくり積み上げた演技経歴とともに作品の中の活躍を見てみる。 <編集者の週>

出発はかなりユニークでした。 1994年生まれ、今年29歳で演技10年目を迎えた俳優カン・テオ(本名キム・ユンファン)はサプライズのメンバーで芸能界の最初の足を踏み出した。

番組を思い出したりアイドルグループだと予想した。しかし、サプライズの正体はカン・テオをはじめ、ソ・ガンジュン共鳴イ・テファン唯一で構成された「俳優グループ」だった。 。実際に彼らは日本中国ベトナムをはじめとする海外で活動範囲を広げ、グループが出演したドラマのOSTキャリアを皮切りに2014年11月18日正式シングルを発売したりもした。

メンバーと共に別にまた一緒に活動していたカン・テオが正式に演技者の道に入ったのは、2013年のウェブドラマ「放課後復不服」に出演しながらだ。デビュー作で彼はフビゴ・ボムちゃんカン・テフン役を演じ、天然徳な演技として注目された。 「女王の花」に出演し、視聴者たちに目印をつけた。 「ミスコリア」では、マアリ(イ・ミスク)の息子カン・サンソク役を、「女王の花」では父の借金を返すために一生懸命アルバイトしながらも一度も顔を刺したことのない中深い息子ホ・ドング役を演じ、多彩なキャラクターを消化した。

そんな中、韓国とベトナムのコラボレーションドラマ「今日も青春」で、鉄なく続々とした大学生ジュンス役を引き受けたカン・テオは、韓国俳優初のベトナムドラマアワードで男優主演賞を受けて演技力を認められた。また、「今日も青春」シーズン1、2に続いて男主人公として出演したカン・テオはベトナム現地で「ベトナムプリンス」、「ベトナム韓流先頭ランナー」という修飾語を得るほど熱い人気を得た。

デビュー10年車演技キャリアを積んだ。特にKBS2月火ドラマ「朝鮮ロコ緑豆戦」で視聴者たちの大きな愛を受けた。/KBS提供

大小の配役を選ばず様々な作品を通じて着実にキャリアを築いてきたカン・テオの初主演作は2015年から2016年まで放映されたMBC毎日ドラマ「最高の恋人」。ドラマの中でカン・テオは誠実で思いやりのあるチェ・ヨンクァン役を務め、ハン・ユル役のカン・ミンギョンと切ない純愛を披露した。ドラマ「あなたはとてもです」で主演イ・ギョンス役を引き受け、幼い頃の事故で視力を失った後、両親に捨てられ、心の傷を持った人物を演じた。特にカン・テオはこの作品を通じて視覚障害を持つキャラクターに初めて挑戦し、安定的かつ一層成熟した演技で視聴者から好評を受けた。のドラマに出演し、着実に演技内攻を積み上げた。そんな彼が大衆的な関心と愛を受けることになったのはKBS2月火ドラマ「朝鮮ロコ緑頭戦」を通じてだ。役を引き受けて反転魅力を誇り、視聴者を魅了した。作品の中でチャ・ユムムはドン・ドンジュ(キム・ソヒョン分)望みでチョン・ドクドゥ(チャン・ドンユン分)と愛のライバル関係を形成し、叔父光海(チョン・ジュノ号)に向けた刃を狙って強い印象を残した。

カン・テオは作品を通じて時代劇にふさわしい落ち着いた演技トンとビジュアルで視聴者を魅了し、多情男から執着男、野望南まで多様な顔を披露して「カン・テオの再発見」という好評を引き出した。彼はチャ・ユルムラは両面的な人物を立体的に表現し、新しいキャラクターに仕上げた。で黒化する場面は放送当時ポータルサイトのリアルタイム検索語を「能陽君、人造」で掌握するほど熱い話題を集めた。そのように自分の真価を発揮したカン・テオは2019年「KBS演技大賞」で新人賞を占め、「大勢俳優」として位置づけた。 tvN月火ドラマ「ある日、我が家の玄関で滅亡が入ってきた」。 2つの作品を通じてカン・テオは前作とは違うロマンス演技を繰り広げながら風変わりな演技変身を試み、テレビ劇場をときめきに染めた。あふれる演技と独歩的なキャラクター消火力を披露し、幅広い演技スペクトルを誇っている。カン・テオがこれから繰り広げる新しい演技が期待される理由だ。 <続き>

<関連記事> 「大勢の男」の登場@tf.co.kr
▶ニュースホームページ:http://talk.tf.co.kr/bbs/report/write

Categories: 放送/TV

山内 貴之

長年メディア産業に携わってきました。 K-Popをはじめ、少し新しい分野に挑戦します。 今日一日も最善を尽くします!