プロデューサー兼アーティストジコ(ZICO)がカムバックする。を発表する。 2020年のミニ3集「RANDOM BOX」以来、2年ぶりのカムバックだ。好みや情熱、エネルギーで長い空白期を飛び越えて、再びアーティストとして活動に拍車をかけられる理由を意味した。

image/410/2022/07/27/0000884395_001_20220727092801573.jpg?type=w540″> ジコ写真=KOZエンターテイメントタイトル曲「オタク(Freak)」はジコマンのシンナゴフン。騒動で混乱となったオタクたちの街を思わせる曲のテーマにダイナミックなボーカルとメロディーが調和してジコのエネルギーを全身で感じることができる曲だ。 19日に先行公開され、非現実的な現実を送った私たちに渡す歌「SEOUL DRIFT」、ファンキーなトラックの上に機知のあるパンチラインが印象的な「Trash Talk (Feat. CHANGMO)」、ジャングルの王が持つアチチュードを見せる「OMZ freestyle」、悪相とは餌を求めて苦悩する境遇を歌った「Nocturnal animals (Feat. Zior Park)」まで計5曲が収録される。全曲作詞、作曲、編曲に参加した。絶え間ない成長を遂げる「トップティア」(Top Tier)アーティストのジコが披露する完成度の高いアルバムが期待される。 。地球終末を控えた人々の姿を込めたミュージックビデオは、ブロックバスター級スケールを予告し、多くの人々の注目を集めた。ここに俳優ノ・ユンソ、チャヨプ、パク・ヘジュンとアーティストヨンヨンなど特急出演ラインナップまで完成し、ミュージックビデオの叙事詩にしっかりを加えた。ジコは27日午後6時、ミニ4集「Grown Ass Kid」を発表する。 2020年ミニ3集「RANDOM BOX」以後2年ぶりのカムバックだ。 「Grown As

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!