0004665891_001_20220727104507823.jpg?type=w540″>

[OSEN=イ・スンフン記者]

ATBOは27日午後6時、主要音源サイトを通じてデビュータイトル曲「モノクロ(カラー)」を含むデビューアルバム「The Beginning:開花(ザビギニング:開花)」を発表し、歌謡界に最初の足を踏み出すキーワードにしたATBOだけの独創的なコンセプトに出会える予定だ。タイトル曲を含め、ATBOの始まりを知らせるイントロナンバーと「Graffiti」、「High Five」、「WoW」、「RUN」まで多彩な魅力の6つのトラックを収録した。

特にメンバーオ・ジュンソクはアルバム中計5曲のラップメイキングに参加し、ペ・ヒョンジュンも合計3曲でラップメイキング、作詞などで名前を上げてATBOのアイデンティティと個性を一層明確に描く作業に力を加えた。

<二重デビュータイトル曲に落ち着いた「モノクロ(カラー)」は、世界を自分だけの色で彩る七少年のときめきと抱負を込めた曲で、力強いチャントとダイナミックなメロディーが強烈な中毒性をプレゼントするヒップホップダンス曲だ。有名プロデューサーZaydro、PPPlayers(ELDORADO)が作曲に参加し、作詞にはInner Child(Mono Tree)、メンバーオ・ジュンソクがラップメイキングに参加した。ミュージックビデオはジコ、TWICEなどと作業したBOLDイ・ギベク監督がメガホンをつかんで、色を取り戻した世界にATBOの音楽が「開花」し始めるストーリーを感覚的な映像美に盛り込んだ。傘下の音楽レーベルで、Apink、Victon、The Boys、Wickleyなどが所属するISTエンターテイメントが新たに披露されるATBOは、5月にカカオTV-MBNで公開されたサバイバルオーディション番組「ディオリジン-A、B、Or What?」をを通じて誕生したグループで、オ・ジュンソク、リュ・ジュンミン、ペ・ヒョンジュン、ソク・ラクウォン、チョン・スンファン、キム・ヨンギュ、ウォンビンまでしっかりとした実力とあふれている、視線をひきつけるビジュアルをあしらった7人組ボーイズグループだ。

ATBOは本日(27日)午後4時延世大学百周年記念館でメディアショーケースを開催して国内取材陣と会い、同日午後8時対面及びオンライン生中継で行われるファンショーケースを通じてデビュータイトル曲「モノクロ(カラー)」ステージを最初に公開する予定だ。公開されています。

/[email protected]

[写真] ISTエンターテイメント

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!