高い完成度
オ・ジュンソク・ペ・ヒョンジュンラップメイキング参加
“カラフルなカラーで世界中の色合いだろう”
“独創的という言葉を聞いて派”
高い完成度を誇るボーイグループが登場した。オーディション番組を過ぎたグループATBOがしっかりした実力と堂々とした覇気で第4世代代表アイドルになるという覚悟を固めた。

ATBO(オ・ジュンソク、リュ・ジュンミン、ペ・ヒョンジュン、ソクラクウォン、チョン・スンファン、キム・ヨンギュ、ウォンビン)は27日午後、ソウル西大門区延世大学百周年記念館でデビューアルバム「The Beginning:開花(The Beginning:開花)」発売記念メディアショーケースを開催した。-A、B、Or What?」を通じて結成された。この日、オ・ジュンソクは「夢にしか描かなかったデビューが目の前に来た。には「ディオリジン」でファイナルステージを終えた後、先輩たちがスペシャルゲストとして来てくれた。チームメンバー同士でチームワークをよく固めてこそ、お互いに力になって芸能界生活をうまくやり遂げられるだろうというアドバイスをしてくれた」と答えた。今日は花輪を送ってくれて嬉しかった」と感謝した気持ちを伝えた。 0004729879_002_20220727172701078.jpg?type=w540″> 「ザ・ビギニング:開花」は「独創性の始まり」というチーム名の意味にふさわしく、「初」と「起源」に対する話を込め、光と闇、色をキーワードとしたATBOならではの独創的コンセプトが盛り込まれた。タイトル曲「モノクロ(カラー)」を含め、ATBOの始まりを知らせるイントロナンバーと「グラフィティ(Graffiti)」、「ハイファイブ(High Five)」、「WoW」、「ラン(RUN)」まで多彩な魅力の6ドッグトラックが収録された。風変わりな面白さがあるのではないかと思う」と話した。が強烈な中毒性をプレゼントするヒップホップダンス曲だ。これに関連してATBOは「私たちだけの多彩なカラーで全世界を彩るという抱負を込めた。見る方が多様な魅力を感じることができるだろう」と当然と語った。ペ・ヒョンジュンが多数の曲にラップメイキングで名前をあげた点も注目に値する。オ・ジュンソクは「曲のテーマが決まったら、そのテーマに合った映像を探してみたり勉強しながらインスピレーションをたくさん得た」と明らかにした。歌詞を書く。 まさに良いラップが出てこなかった。 ずっと書いて消しを繰り返しながら私が聞いた時も満足できるラップが出るまで無限繰り返した”と伝えた。

最後にATBOは”独創的という言葉を聞きたい」という風を出した。彼らは「チーム名のように私たちだけの色を持ったチームに生まれ変わりたい」とし「第4世代代表アイドルという修飾語を得たい。 ATBOのデビューアルバム「ザ・ビギニング:開花」はこの日午後6時に発売される。

オーディション番組を過ぎたグループATBOがしっかりした実力と堂々とした覇気で第4世代代表アイドルになるという覚悟を固めた。 ATBO(オ・ジュンソク、リュ・ジュンミン、ペ・ヒョンジュン、ソラクウォン、チョン・スンファン、キム

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!