ATBOミニ1集’The Beginning: 開花’/ssl.pstatic.net/mimgnews/image/108/2022/07/27/0003074535_001_20220727190401320.jpg?type=w540″>グループATBO(エチムン・デチョン) 「The Beginning:開花(ザビギニング:開花)」発売記念ショーケースに参加し、素敵な舞台を披露している。 ATBO 今回のアルバムにはタイトル曲「モノクロ(カラー)」を含め、スタートを知らせるイントロナンバーと「Graffiti」、「High Five」、「WoW」、「RUN」まで多彩な魅力の6トラックを収録された。 2022.07.27/写真=キム・チャンヒョン記者chmt @新鋭ボーイグループATBO(オ・ジュンソクリュ・ジュンミンペ・ヒョンジュンソクラクウォンチョン・スンファンキム・ヨンギュウォンビン)が独創性を強調した音楽でダンチャン出射票を投げた。

27日、ソウル西大門区新村洞延世大学新村キャンパス百周年記念館コンサートホールでATBOのミニ1集「The Beginning:開花」(ザ・ビギニング:開花)発売記念とデビューショーケースが開かれた。緊張した気配が力力だったメンバーたちはそれぞれ個性を活かした自己紹介で挨拶をして新人らしい覇気を見せた。

リーダーのオ・ジュンソクは、初めてのステージに先立ち、「夢に描いたデビューが目の前に来てから数時間前までは実感が良くなかった」とし「このように挨拶をするから実感が出る。素敵な舞台でお返しします」と話した。メンバーチョン・スンファンは「ATBOが挨拶をするまで本当にたくさん準備した」とし「準備しただけ最後まで最善を尽くすから期待してほしい」と覚悟を明らかにした。

ATBOはアルバム収録曲「Graffiti」(Graffiti)で初のステージを飾った。 「グラフィティ」は曲全般に流れるファンキーなギターリーフとシンセサウンドが印象的な曲だ。レトロな感性と現代的な編曲技法を接合して再解釈したポップトラックだ。オ・ジュンソクは「グラフィティ」でATBOとしてデビューステージを終えた後、「本当に幸せだったのに、もう少し上手くできたと思うこともあり、後悔することもある」とし「多くの感情が来る。タイトル曲よりもファンキーな曲なのでATBOのポジティブなエネルギーがうまく伝えられたらいいだろう」と伝えた。

グループATBO日午後、ソウル西大門区新村洞延世大学百周年記念館で行われたデビューアルバム「The Beginning:開花(ザビギニング:開花)」発売記念ショーケースに出席し、素敵な舞台を披露している。 ATBO 今回のアルバムにはタイトル曲「モノクロ(カラー)」を含め、スタートを知らせるイントロナンバーと「Graffiti」、「High Five」、「WoW」、「RUN」まで多彩な魅力の6トラックを収録された。 2022.07.27/写真=キム・チャンヒョン記者[email protected]は去る上半期カカオTV-MBNで公開されたサバイバルオーディション’ジオリジン-A,B,Or What?’を通じて誕生した7人組ボーイグループだ。グループ名は「AT the Beginning of Originality」の略で、彼らだけの新しく独創的な話を繰り広げていくという意味を持った。メンバーウォンビンはチーム名に対して「’独創性の始まり’という意味を持っている」とし「意味にふさわしくどこでも見られなかった独創性とユニークな魅力で皆さんに近づく予定だ」と話した。

ATBOはこの日午後6時、各種音楽サイトを通じてミニ1集『The Beginning:開花』(ザ・ビギニング:開花)発売し、本格的なデビュー活動を開始する。メンバーキム・ヨンギュはアルバムについて「チーム名のように初めと起源に対する話を光、闇、色をキーワードで解放した」と説明した。

アルバムにはタイトル曲「モノクロ」(カラー)を含め、ATBOの始まりを知らせるイントロナンバーと「グラフィック」、「ハイファイブ」(High Five)、「うわ」(WoW)、「ラン」'(RUN)など6曲が収録された。

ATBOは今回のショーケースで’モノクロ’ミュージックビデオと舞台も公開した。 「モノクロ」は世界を自分だけの色で彩る七少年のときめきと抱負を込めた曲で、力強いチャントとダイナミックなメロディーが強烈な中毒性をプレゼントするヒップホップダンス曲だ。メンバーの石楽院は「モノクロ」について「ATBOならではの多彩なカラーで全世界を彩るという抱負を込めている」とし「中毒性の強いメロディとパワフルなパフォーマンスで多様な魅力を感じることができるだろう」と紹介した。特にオ・ジュンソクは「モノクロ」をはじめ5曲のラップメイキングに参加し、ペ・ヒョンジュンは3曲でラップメイキング、作詞などで名前を上げてATBOのアイデンティティと個性を盛り込んだ。オ・ジュンソクは「’モノクロ’はラップライム修正だけ30回、歌詞修正だけ20回をするほどすごくボールを聞いた」とし「どうすれば私たちだけの色を映すことができるか、ATBOだけの話ができるか多く悩んだ」とこの日、ATBOは「モノクロ」のポイント振付師「蚊退治ダンス」を披露した。メンバーチョン・スンファンは「『モノクローム』は歌詞そのまま『その誰も私たちを止められない』という強烈なメッセージを含んでいるが、ATBOが夏にデビューしてみると腕の足に蚊があると思って強烈に離すような感じで造ってみた」と「蚊退治ダンス」を紹介した。

ATBOは、Apink、Victon、The Boys、Weekleyなどが所属するISTエンターテイメントが新たに披露するボーイグループだ。ソラクウォンは「『ディ・オリジン』をした時、所属事務所の先輩たちがスペシャルゲストとして来てくださった」とし「撮影終了してステージに上がってくださって良い言葉をたくさんしてくれた。 「と言って「チームメンバー同士でチームワークをよく固めてこそ芸能界でお互いに力になってうまくいくことができるだろう」と良い言葉もしてくれた」と伝えた。

ATBOは正式デビューを控えてメンバー交換を断行するなど紆余曲折を経験した。そもそもデビュー組に含まれたバケツが学校暴力疑惑に巻き込まれてデビュー組から離脱し、代わりに練習生身分だったウォンビンが合流したこと。活動チーム名をABOからATBOに変更した。 「ABOは一部海外地域で誤った意味で誤認される可能性がある」というファンの意見を収束した。

オ・ジュンソクは「どうやらデビュー準備過程で大小の変動状況が起こるので、ATBOのデビューを待ってくださった方々に失礼を申し訳ありませんでした。」ムンチルできて、何よりウォンビン氏が合流し、私たち7人がATBOとして自信を感じられるきっかけになった」と話した。オ・ジュンソクはまた「デビューをすれば今よりも大きくて大変な大変なことがあるかもしれないが、今のようにチームメンバー同士でまとめて素敵に解決していく様子をお見せします。良い舞台で報います」と付け加えた。

グループATBO 27日午後、ソウル西大門区新村洞延世大学百周年記念館で行われたデビューアルバム「The Beginning:開花(ザビギニング:開花)」発売記念ショーケースに出席してポーズを取っている。 ATBO 今回のアルバムにはタイトル曲「モノクロ(カラー)」を含め、スタートを知らせるイントロナンバーと「Graffiti」、「High Five」、「WoW」、「RUN」まで多彩な魅力の6トラックを収録された。 2022.07.27/写真=キム・チャンヒョン記者chmt @ ATBOメンバーはこの日、いくつかのKポップアイドル先輩をロールモデルに挙げた。石楽院は「パク・ジェボムをロールモデルにしている」とし「常に高いところにいるが、自慢せず毎瞬発展する姿が尊敬される」と話した。オ・ジュンソクはパク・ジェボムとSHINeeテミンをロールモデルと呼び、「二人のように自分の曲を舞台で本当に自分のように表現してお見せできる素敵なアイドルになりたい」とし、 「今日はデビューおめでとうと怒りを送ってくれた。とても幸せだった」と明らかにした。チョン・スンファンは「エクソのディオ先輩とザボーイズ先輩たちをロールモデルに挙げたい」とし「ディオ先輩は様々な方面で認められている方であり、ザボーイズ先輩たちはあまりパフォーマンス合いが良いグループだと思う。 ATBOがそんな部分を少しずつ似ていくと発展があるのではないかと思う」と伝えた。また、ATBOは先輩K-POPアイドル歌手のようにグローバルな影響力を及ぼしたいという抱負を明らかにした。メンバーリュ・ジュンミンは「全世界的にK-POPが良い影響力を及ぼしているが、私たちも先輩たちのように良い影響力を及ぼすことができる歌手になりたい」と今後の目標を伝えた。ソラクウォンは「第4世代代表アイドル」という修飾語を得たいとし、「K-POPが世界的に熱風なのに、ATBOが第4世代を代表するアイドルになると嬉しそうだ」と話した。

オ・ジュンソクは「今回のアルバムには出て(船)ヒョンジュンがラップメイキングに参加したがメンバーが作詞勉強もして作曲も試みながら私たちだけの話を自分で書いていける力を育てている」そして「いつになるのか分からないが、私たちの曲を私たちが作ることが目標だ。私たちだけの話を知らせ、良い影響力を与えることが目標だ」と伝えた。

ユン・ソンヨル記者

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!