/0000869207_001_20220728060102990.jpg?type=w540″>

[スポーツソウル|キム・ミンジ記者] 2007年デビューして10代の心を揺さぶった2世代ガールズグループが帰ってくる。デビュー15周年を迎えた彼らが多くの2030ファンの思い出を蘇らせる見通しだ。

0000869207_002_20220728060103032.jpg?type=w540″>

グループカラのニコールは新しいデジタルシングル”YOU.F.O(ユーエフオ)”発売を控えて26日に行われたメディア活動を予告した。カラ活動計画について「何ヶ月も着実に企画している。たくさん具現化した」とし「今年15周年で韓国ファンたちをぜひ会いたいと懸命に準備中」と明らかにした。ニュースに触れたファンは「時間が経っても依然としてレジェンドだ。さっさと見たい」、「小学生のときにカラの歌は本当に好きだった。 90年生まれなら共感するだろう」、「久しぶりに出てくれて嬉しい。長期自慢の必須曲だった」など期待感を表わした。 。彼は最近、カラ15周年を迎えて集まったメンバーたちと特別なことをしてみたいと言ったりもした。ニコールとカン・ジヨンは放送で相変わらず呼吸を誇った。カン・ジヨンは「(ニコールは)一貫している。いつもその場に同じ姿でいてくれて心が楽になる。グループ活動をしてみると家族よりもっとついている。一人になった時、メンバーたちが懐かしかった」とメンバーに対する愛情を見せた。

5年ぶりに完全体でまとめられる少女時代はデビュー日の8月5日に合わせて正規7集1)を発売してカムバックする。アルバム名と同名のタイトル曲「フォーエバーワン」をはじめ、合計10曲でアルバムを充実させた。特にデビューアルバム「もう一度会った世界」から「ああ!」(Oh!)、「オールナイト」(All Night)など少女時代ヒット曲を作ったプロデューサーケンジ(KENZIE)がアルバムプロデュースに参加したとして熱い関心が注がれて少女時代は本格完全体活動を始める前に単独芸能プログラムを通じて彼らのケミストリーを誇った。去る5日初放送されたJTBC芸能「ソシタムタム」を通じて完全体としての姿を見せた。各自個人活動で一座に集まりにくかった彼らはバラエティを通じて相変わらず喧騒呼吸を誇示した。これにファンたちは「年次があるだけに、やはりメンバーたちが芸能をよく知っている。とても面白い」、「コンサートもしてほしい」などの反応を見せた。

ワンダーガールズ先鋭も去る26日初のソロアルバム「ジェニューイン」(Genuine)を発売した。 「ジェニュー人」には、先鋭が持っている様々な姿が率直に込められている。特に直接プロデュースに参加して意味がさらに格別だ。先輩は所属事務所を通じて「’ジェニュー人’というアルバム名のように、それ以前はチャンスがなかったり、できなかった話を現在の私の考えと価値観を盛り上げて見たかった」とし「直接プロデュースするアルバムは初めてだからどんなディテール一つも見逃すしないために努力した」と伝えた。

前に去る2月に放映終了したtvNバラエティ’ママはアイドル’にびっくり登場して話題を呼んで集めたことがある。 「ママはアイドル」は、出産と子育てで芸能界をしばらく去ったスターたちが再び集まってアイドルに戻るプロジェクトを描いたプログラム。先鋭は現役時代に劣らないパフォーマンスと歌唱力を披露した。まだ錆びない実力を誇る先鋭の姿に彼のカムバックを挙げて待ってきたファンたちは「10年ぶりにソロアルバムという。本当に嬉しいです。歌を続けてほしい」、「アルバムに直接参加して、その1曲1曲本気が込められている。もうワンダーガールズ完全体待ってみる」などコメントを残した。に直接目撃した世代だ。これらの思い出の中に残っている歌手がカムバックするという事実だけでも注目に値する。彼らが活動した指導、すでに15年という長い時間が経っても、依然として芸能界に大きな影響力を持っていることを間接的に感じることができる」と述べた。ホリデーナイト(Holiday Night)を通じて余裕あふれる姿を見せた。若さを満喫する成功した女性のイメージとクールで素敵な友情の情緒を見せてくれたが、今回もそんな感じで出てきそうだ。 10代後半から20代前半のグループが見せることができる魅力とは一味違った魅力を見せることが期待される」と付け加えた。

ハン・スンヨンインスタグラム、SMエンターテイメント、ブロックベリークリエイティブ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!