韓国の一部音源サイトから言及されたアプリ内決済手数料精算論議、国内サービス逆差別論議などについて27日、正確な事実関係とともに立場を明らかにした。音楽著作権者の「モンニー」で倒産される危機という一部のマスコミの報道について、韓音低協は「都道すぎる男のせい」とし、協会が過度な料金引き上げを主張したり、仲裁の中に無作為反対したという内容は事実ではないと反論した。

韓音低協は「該当改正案は創作者収益を10%以上放棄しようという荒涼とした要求であるうえ、協会がこれを無作為に受け入れると法的な問題があるという諮問もあり、選択肢がなかった」とし「こうした事情の中で協会は問題解決のために最善の努力と協議をしたが、彼も挫折されたことだ」と説明した。その代わり、新たに追加されるアプリ内手数料だけでなく、既存にうまく決済された手数料一体を精算対象からすべて抜いてしまう内容であるため、創作者は今後の収益を放棄しなければならず、いかなる利益も伴わない結果を生むことになる”と指摘した。/p>

韓音低協は音源収益構造についても問題を提起した。現行の規定によると、音源収益が発生した場合、音源サイトが35%を、残りの65%は音楽権利者が持っていく。しかし、この音楽権利者の65%のシェアの中で、なんと48.25%がレコード制作者(ディストリビューター)のシェアだ。あるため(例えば「カカオエンター」-「メロン」、「ドリームアース」-「FLO」など)、音源が消費されると結局該当企業が合計83%を超える収益をもたらす構造だとし、「Googleもこうはしないだろう」とピンチした。韓国国内で有名な歌手たちの音源を5年間サービスできなかったのはよく知られた事実だ」と付け加えた。が勇気を出して修正を要請すると、いつの間にか「モンニー」を歌う団体になっていた」と明らかにした。韓流低協は「YouTubeミュージックの場合、音楽だけでなく教育、スポーツ、エンターテイメント、ゲームなどコンテンツの種類が多様なため、徴収規定上「結合サービス」規定を遵守して契約している」とし「YouTubeミュージックの契約条件を覗いてみると、国内企業に比べてむしろ不利である。を上げたのは音源メーカーであり著作権者ではない」とし「企業には価格を上げない選択権もあったが、彼らが上げることに決めたのである。

また「多くは28%まで価格を引き上げた音源サイトが消費者の非難の矢を回す対象が必要であえて今回の事案を問題化するのではないかと思われるほど」と残念を表した。 p>

* YTN starでは芸能人や芸能界の従事者に関連する情報提供を受けます。
[email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!