> ATBO、ISTエンターテインメント

ATBO(オ・ジュンソク、リュ・ジュンミン、ペ・ヒョンジュン、ソク・ラクウォン、チョン・スンファン、キム・ヨンギュ、ウォンビン)が大衆に初のラインを見せた。記念館のコンサートホールでデビューショーケースを開いた。色をキーワードにしたATBOならではの独創的なコンセプトに出会える。タイトル曲を「Monochrome(Color)」を含み、ATBOの始まりを知らせるイントロナンバーと「Graffiti」、「High Five」、「WoW」、「RUN」まで多彩な魅力の6つのトラックを収録した。 >

リーダーオ・ジュンソクは「夢だけ描いたデビューが目の前に迫っても実感が出なかったが、舞台に上がって挨拶を差し上げると実感が出る。最善を尽くして素敵な姿、素敵な舞台をお見せします」という覚悟を固めた。メンバーたちはATBOの差別点でアルバム紹介に出てきた独創性を挙げることもした。あるメロディーとパワフルなパフォーマンスで様々な魅力を感じることができる」と紹介した。

0000827863_002_20220727173701403.jpg?type=w540″>ATBOオ・ジュンソク、ISTエンターテイメント

jpg?type=w540″>ATBO石楽院、ISTエンターテイメント

特に今回のアルバムにメンバーオ・ジュンソクとペ・ヒョンジュンが多くの作業に参加した。オ・ジュンソクは「ラップ歌詞の修正だけ20回以上させた」と明らかにし、ボールをたくさん入れたことを明らかにした。また、「曲のテーマが決まったら、テーマに合った映像を探してみたり勉強しながらインスピレーションを得た。収録曲「High Five」がアメリカンフットボールに関連する曲だが、このため、アメリカンフットボールの知識もたくさん勉強した」と述べた。歌詞を書けばいいか悩んだ。何よりも初めて書いた歌詞で良い歌詞が出なかった。書いて消して繰り返し続けながら満足する歌詞が出るまで書いた」とアルバムに深い愛情を持って作業したことを明らかにした。パク・ジェボムはATBOがデビュー前に出演したサバイバルプログラムファイナル舞台審査委員として参加した縁がある。オ・ジュンソクは「パク・ジェボム先輩が審査委員として参加するのに今日のお祝いの花輪を送ってくれた。本当に感謝しています」と感謝した気持ちを表現した。一つのグループだ。デビュー前から放送出演で多くの注目を集め、メンバー一人一人のファンも多かった。

jpg?type=w540″> ATBOウォンビン、ISTエンターテイメント

だが、デビュー前に思えなかった難関が生じたりもした。メンバーの一人が学爆疑惑に巻き込まれ、所属事務所の確認の結果事実として明らかになった。これに所属事務所は該当メンバーの脱退を決定した。これはATBOはより一層のきっかけとなりました。私たちのデビューを待ってくださった方々に失礼を申し上げて本当に申し訳ない」と謝罪した。感じられるきっかけになった。何よりデビュー後、もっと大変なことができる。そんなことを考えながらメンバーたちと一緒にうまく解決していく姿をお見せしたい」と明らかにした。を通じて公開される。

キム・ドゴンオンライン記者[email protected]

。 ATBOは27日延世大学新村キャンパス百周年記念館コンサートホールでデビューショーケースを開いた。デビューアルバム「The Begi

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!