、ISTエンターテインメント

ATBOがデビュー前に発生した論議について立場を明らかにし、発展の機会にすると誓った。

ATBOは27日延世大学新村キャンパス百周年記念館コンサートホールでデビューショーケースを開いた。

デビューアルバム「The Beginning:開花」は、「独創性の始まり」というチーム名の意味にふさわしく、「初」と「起源」についての話を込め、光と闇、色をキーワードとしたATBOならではの独創的コンセプトに出会える。タイトル曲を「Monochrome(Color)」を含み、ATBOの始まりを知らせるイントロナンバーと「Graffiti」、「High Five」、「WoW」、「RUN」まで多彩な魅力の6トラックを収録した。 >

ATBOは去る5月カカオTV-MBNで公開されたサバイバルオーディションプログラム’ディオリジン-A,B,Or What?’を通じて誕生したグループだ。このプログラムを通じて選抜されたメンバーの一人が学爆疑惑に巻き込まれ、所属事務所確認の結果、学爆事実を認め、デビュー前脱退した。続いて新しいメンバーとしてウォンビンが合流した。また、グループ名も変動があった。

これに対してリーダーオ・ジュンソクは「どうやらデビュー準備過程で大きく、小さな変動があった。私たちのデビューを待ってくださった方々に失礼を申し上げて本当に申し訳ない」と謝罪した。感じられるきっかけになった。何よりデビュー後、もっと大変なことができる。そんなことを考えながらメンバーたちと一緒にうまく解決していく姿をお見せしたい」と明らかにした。サイトを通じて公開される。

キム・ドゴンオンライン記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!