マイデイリー=カン・ダユン記者]グループエイティズ(ATEEZ、ホン・ジュンソンファユンホ女相サンミンギウヨンジョンホ)が荒れた成長と共により強烈な姿に戻った。ティーズミニ8集「ザワールドエピソード1:ムーブメント(THE WORLD EP.1:MOVEMENT)」発売記念ショーケースが開かれた。

‘は先立って8人のメンバーがエイティズという名前の下の一つになってどこかある宝物(Treasure)を探す旅を盛り込んだ’トレジャー(TREASURE)’シリーズとこれらが一か所に集まる前各自が抱いていた青春の熱病を描き出した’「FEVER」シリーズに続き、新シリーズの砲門を開く最初のアルバムだ。新しい世界の自由に向かって突進するエイティズの叙事詩を見せる
=w540″>
この日ミンギは”今回のアルバムは私たちがデビュー時から披露した「トレジャー(TREASURE)」と「フィーバー(FEVER)」シリーズが終わり、新しく砲門を開くシリーズだ。チェンホイールのように機械的な人生を生きる人々を目覚めさせる姿を盛り込んだ」と紹介した。このシリーズを通じて航海や海賊のようなコンセプトキーワードを世界観で効果的に解放するだろう」と自信した。女相は「新しい世界観の砲門を開くアルバムであり、タイトル曲「Guerrilla」もこれまでやってみなかった音楽に挑戦をした。 新しさの連続である。受け取ってほしい心で頑張って準備した”と話した。
タイトル曲「Guerrilla」は、エイティズの動きを細かく描いたビートチェンジとサイキデリックなサウンドが特徴の曲だ。楽しさと悲しみ、愛を感じることができない抑圧され、制御された場所で変化を夢見るエイティズの始まりを盛り込んだ。 「隠された目を徐々に浮かび始めた少年たちが何か間違っていることを感じ、その中での混乱した感情とディストピアを表現したEDMジャンルの「サイバーパンク(Cyber​​punk)」、ヒップホップトラックの上に乗せられた壮大なサウンドが調和した」 (The Ring)、疑問符でいっぱいの疑問を表現した「WDIG(Where Do I Go)」、新しい世界は希望に満ちて欲しい気持ちで解き明かした「ニューワールド(New World)」まで合計7曲が収録された。

目を引いた。ソンファは「私は少し破格的な変化をしてみた。隣にスクラッチを出した。ゲリラに強烈な印象を与えたかったので、普段とは違う果敢なスタイルを披露した。エラ’というニックネームがついた。軽く長眼の話題になった”と話した。白い自我は爆発する直前の自我であり、黒い自我はメンバーたちに常にいつものように優しい姿」と言いながら喧騒を震わせた。こちらがクローズアップすれば素敵だった。これから音楽放送でスタイル的にも新鮮な姿をお見せする予定だ」と付け加えた。 07/28/202207281552493836_5_20220728173604629.jpg?type=w540″>
“ワールドエピソード1:ムーブメント(THE WORLD EPを更新した。それだけでなく、エイティズ初のミリオンセラーを予告して注目が集中した。

ニュースを毎回カムバックするたびに聞くことができるようだ。サンは「今後さらに遅れることなく、より頑張って素敵な姿を見せなければならないという考えを、より深く心の中に入れた。あってほしい。 エイティズの音楽が具現化されればもっと好きじゃないかと思う”と覚悟を固めた。
28/202207281552493836_6_20220728173604640.jpg?type=w540″>
昨年1月ソウル公演を皮切りに、エティスは2022年アリーナ級ワールドツアー「ザ・フェローシップ:’を開催した。米国シカゴ、アトランタ、ニューアーク、ダラス、ロサンゼルスを経てマドリード、ロンドン、パリ、ベルリン、アムステルダムを巡回した。また、16日から18日まで3日間、横浜のピアアリーナで初の日本単独コンサートを盛り上げた。これでエイティズは上半期のワールドツアーで計18万人のファンと交感した。初めてファンの方々 声声を聞いた時、ソウルコンサートでファンの方々と向かい合ったときにデビューしたことまったくときめいて震えた記憶がある。をして見て感じた」と喜びを表わした。イ・ジョンホは次のように述べています。本当に力をたくさん受けた。これからも良い音楽、素敵な姿をお見せしながらエイティニーを幸せにしてほしいという考えをした”と付け加えた。
来る10月にはソウルを皮切りに新しい幕を上げる下半期ワールドツアー「ザ・フェローシップ・ブレイク」アメリカのアナハイム、フェニックス、ダラス/フォートワース、シカゴ、アトランタ、ニューアーク、カナダのトロント、そして日本の千葉まで9都市で新しいステージを披露する予定だ。

ユンホは”今回のワールドツアーを通じて久しぶりにファンの方々に会いに行くことになり、大切で幸せな時間だった。そして私たちがお見せできる最大限をお見せしようと努力した」と新たな舞台を予告した。今回の下半期にももちろんそのエネルギーがもっと盛り込まれるだろうが、何かエイティーニの方々が「エイティズコンサートを行けばこんなことを見ることができるな」と感じられる確かなキャラクターをお見せしたい」とし「多くのファンの方々がいつも気になってくださって座ってくれるので悩みをたくさんするほど確かなキャラクターで「次にもエイティズを見に行かなければならない」というコンサートを作りたい」と抱負を伝えた。
エイティズを置いてメンバー同士で分けた話と悩みも率直に打ち明けた。ホンジュンは「事実、国内での大衆性に対する疑問や努力のような場合、私たち同士で話をしないでください。私たちも活動をしているアーティストだからです。とかツアーを通ってしばしば話すが、エイティズがそれのために何か新しいことをしなければならないという結論が出ていないようだ」と㈖杉�。こういう舞台を準備する過程とそれらを見て国内にも多くのエッチニーの方々がいらっしゃいます。ずっと好きで、私たちを信じて待ってくださるファンの方々が少しでも満足できる音楽と歌を聞かせることが目標だ」と当然抱負を伝えた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!