写真提供 KQエンターテイメント

グループエイティズが拡張された世界観の新報を紹介した。 WORLD EP.1:MOVEMENT)」発売記念ショーケースで「世界観が具現化されるほど、すべきことや見せなければならないことに制約があるかもしれないと思う。しかし、むしろある程度の枠組みができて見せることができるのがもう少しはっきりしていないかと思う」と説明した。たくさんする。舞台で表情一つを建てるときにも自己検閲をすることもある」とし「難しいこともあるが成長の一歩になることもある」と述べた。ホン・ジュンは「エイティズとすれば強烈なパフォーマンスだと思うほど持っていないか。これまではおなじみのサウンドに近づこうとしたら今回はサウンド的に強烈に見せたかった」とし「言葉や歌詞、メッセージもそうで振付自体もとても強烈で挑戦的なアルバムだったと思った」と伝えた。ティズの「ザワールドエピソード1:ムーブメント」は、「トレジャー(TREASURE)」と「フィーバー(FEVER)」シリーズに続き、新しいシリーズを開く最初のアルバムで、新しい世界の自由に向かって突進するエイティズの叙事詩を見せるタイトル曲「ゲリラ(Guerrilla)」を含む「プロパガンダ(PROPAGANDA)」、「セクター1(Sector 1)」、「サイバーパンク(Cyber​​punk)」、「ザ・リング(The Ring)」。 「WDIG(Where Do I Go)」「ニューワールド(New World)」まで計7曲が収められた。 29日午後1時発売される。ホンジュンは28日、ソウル広津区世宗大学大洋ホールで行われた新しいアルバム「ザワールドエピソード1:ムーブメント(THE WORLD EP.1:MOVEMENT)」発売記念ショケ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!