w540″>写真提供=KQエンターテインメント[スポーツ朝鮮チョン・ライト記者]グループエイティズが上半期ワールドツアーを振り返り、下半期計画されたワールドツアーに対する期待を高めた。

エイティズは28日、ソウル広津区世宗大海洋ホールでミニ8集「ザワールドエピソード1:ムーブメント」ショーケースを開き、「2年ぶりに開かれたワールドツアーでファンたちが韓国語で盛り上げてくれて力をたくさん受けた」と話した。

最近、ソウル、米国5都市、ヨーロッパ5カ国、日本など約18万人のファンに会ったアリーナ級ワールドツアー「ザ・フェローシップ:ビギニング・オブ・ディ・エンド」を成し遂げた後に出るアルバムだ。 、関心が高い。エイティズのより深くなった音楽的成長が期待される理由だ。 2年ぶりのワールドツアーを最近終えたエイティズは、今後半期のツアーも計画している。

「すごく待っていたツアーだ。演じたツアーだと感慨が違った」というホンジョンは「初めての声声を聞いたときに何かデビューしたものまったくときめいて震えた記憶がある。でファンを探してみたい。だから努力たくさんしなければならないことを感じた」とし、ジョンホは「2年ぶりのツアーに行くことができてときめきいっぱいだ。目の前で信じられない場面を見た。歓呼してくださって力をたくさん受けた”と’ファン愛’面貌を見せた。

下半期には10月29日から30日まで両日間ソウルを皮切りに、11月に米国アナハイム、フェニックス、ダラス/フォートワース、シカゴ、アトランタ、ニューアークを経て、12月にはカナダトロントに続き日本千葉を訪問する予定だ。ユンホは「上半期には見せなければならないという心で準備したら、下半期には世界観的にディテールした最大さを見せてくれる」とし、ホンジョンは「上半期ツアーは久しぶりに見てみると、私たち8人を見せようとした。ティーズコンサートでしか見ることができない確かなキャラクターを見せてあげたい。

エイティズの新報「ザワールドエピソード1:ムーブメント」は29日午後1時発売される。に対する期待を高めた。エイティズは28日、ソウル広津区世宗大海洋ホールでミニ8集 ザワールドエピソード1:ムーブメントショーケースを開き、2年ぶりに

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!