.net/mimgnews/image/629/2022/07/29/202239191659048085_20220729080202794.jpg?type=w540″>TWICEが日本正規4集「Celebrate」でオリコン日。/JYPエンターテイメント提供

TWICEが日本オリコンチャートのトップを占めた。 「Brette」は8万1705ポイントを記録し、26日にオリコン日刊アルバムチャート1位に上がった。を送ってくれるファンたちに向けた感謝の気持ちを込めた。また、同名のタイトル曲「Celebrate」はメンバーたちが直接歌詞のアイデアを提案し、所属事務所JYPエンターテイメント代表プロデューサーのパク・ジニョンが作詞に参加した。日本ラインミュージックデイリーソングトップ100チャート1位を記録し、日本のiTunesストアトップ10にも名前を挙げて人気を集めたことを予告した。に挨拶を渡した。テレビ朝日「ミュージックステーション」とNHK音楽番組「ベニュ101」の特別放送「Venue101 Presents」などに登場し、日本活動5周年を思い出して視聴者を魅了した。

4番目のワールドツアー「TWICE 4TH WORLD TOUR’Ⅲ’(TWICE 4番目のワールドツアー「スリー」)」の東京ドーム公演をはじめ、韓日レコード累積販売量1000万枚突破、海外アーティスト史上デビュー後、最短期間の東京ドーム入城を立てるのにいつも応援をくれるファンに感謝を伝え、今後の活躍を期待させた。 「Talk that Talk」を発表する。’Talk that Talk’は’KNOCK KNOCK(落落)’と’What is Love?(ワット・イズラブ?)’などを作業した作曲家イ・ウミン(collapsedone)が作曲とプロデュースを引き受け、有名Kポップ作詞チーム danke(ダンケ)が作詞した。今回のアルバムにはタイトル曲を含め、「Queen of Hearts(クイーン・オブ・ハーツ)」と「Basics(ベーシック)」、「Trouble(トラブル)」、「Brave(ブレイブ)」、「Gone(ゴン)」、「When」 「We Were Kids(ウェンウィウォルキッズ)」まで計7トラックが収められる。それだけでなく、ジヒョとダヒョン、チェヨンなどメンバーたちが収録曲を単独作詞して期待を集める。ホーム「Formula of Love: O+T=<3(フォーミュラ・オブ・ラブ: O+T=<3)」でビルボードメインチャート「ビルボード200」3位を占めた。また、6月にはメンバーナヨンがTWICE初のソロランナーになってミニ1集「IM NAYEON(アイエムナヨン)」で「ビルボード200」7位に上がり、歴代Kポップソロアーティストの中で最も高い成績を収め、グローバルトップガールグループのこのように国内外チャートで強大な影響力を立証しているTWICEは来る8月26日午後1時(米国東部時間基準0時)に11枚目のミニアルバム「BETWEEN 1&2」'を発売し、本格的な活動を繰り広げる計画だ。:[email protected]
▶ニュースホームページ:http://talk.tf.co.kr/bbs/report/write

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!