芸能界デビュー
2019年「愛は雨に乗る」として本格的なミュージカル活動を開始

jpg?type=w540″> [ソウル=ニューシス]イ・ソヨン。 2022.07.29。 (写真=アーバンワークス提供) [email protected] *再販売およびDB禁止[ソウル=ニューシス]イ・ジェフン記者=例えば、「真剣勝負」だ。イ・ソヨン(28)はミュージカル「ネクスト・ツー・ノーマル」(31日まで、光林アートセンターBBCHホール・ネクツーノ)の舞台の上に第2世代ガールズグループ「ハローヴィーナス」出身ではない俳優として立った。 「ハロービーナス」という広報文句は一切出さなかった。

「ナタリーはアイドル出身でしたか?」 「ハロービーナスソヨンがナタリーだった」などの反応があふれた。 7年ぶりに「ネクツーノ」が戻る前に「ナタリー」はオ・ソヨン、チョン・ソンミン、チョン・イェジなど、しっかりとした技量の俳優たちが引き受けた配役。

ミュージカルの中で表側では平凡に見えたり、傷で粘鉄された「グッドマン(Goodman)」家のメンバーは、それぞれの方法で痛みに立ち向かっている。特にナタリーはその渦の中で最も外面されながらも中心軸をしっかりと握り、家の火をつけた。イ・ソヨンの意志はそのようなナタリーの堅さに似ていた。イ・ソヨンはミュージカル「マリーの昨日より特別な今日」(8月14日までハンソンアートホール第1館)でもタイトルロールを務めている。歌手としてだけでなくミュージカル俳優としても目印を受けている彼女と分けた一問一答。

-「ネクツーノ」劇の中で、ママ「ダイアナ」は16年目のうつ病と過大妄想に苦しんでいます。過去の傷を受け入れられないからです。お父さん「ダン」はそんなお母さんだけに気を使います。ナタリーはその中で疎外感を感じるが、彼女を解釈しながら最も重要に思ったのは何ですか?中で愛を受けられないのはそうなのです。関心と愛が苦しい子です。それにもかかわらずナタリーは家族を愛する心を基本に敷いていきます。やはりそんな表現を気にせずにやっていたようです。

-小中古の時に声楽を学んだ後、アイドルになったソヨン氏とクラシック音楽でジャズでスペクトルを広くナタリーする共通点があります。

「ヘンリー」を通してジャズを知っています。の勧誘から始めました。でも踊るのがとても好きでした。静かに立って歌う声楽ではなく、素敵な照明とパンパンなサウンドの中で踊ると私の姿をもっと見せることができないかと思ってアイドルを選んだんです。」

-「ネクスト・ツー・ノーマル」ナンバー(作家ヨキ・作曲トム・キット)が本当に良いです。

-劇中のナタリーの転換点は何だと思いますか?問題は何なのか知っていますか? とても硬くて枠にはまっています。となり、終盤にお母さんが「君を見ることができるまで努力をしてみよう」と言って…。/p>

“私が20歳の時、父が亡くなりました。時の夢も変わりました。 ガールズグループという夢ができたんですよ。私はしっかりと席を取らなければなりませんでした。

「私がどこに行っても「ハローヴィーナス」というタグはついてくるんです。何よりも、ハローヴィーナスは私の夢だったアイドルを成し遂げました。 「歌手として活動を始めただけに、歌手というタイトルを見逃すことはできません。欲しいジャンルも多いです。」

-最後にナタリーとマリに一言を言うなら。

“私の愛はナタリーです。あなたに会って本当に幸せでした。そばで心強く守ってあげてください。同じくらい愛する。”ありがとう、ソマリ!誰よりも愛しています。」芸能界デビュー 2019年愛は雨に乗って本格的なミュージカル活動を開始[ソウル=ニューシス]イ・ジェフン記者=例えば、真剣勝負だ。イ・ソヨン(28)はミュージカルネクストです

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!