パティ・キムと日本での活動も

歌った元老歌手ナム・サンギュ氏別税[パク・ソンソ大衆音楽評論家提供。再販およびDB禁止]

(ソウル=ヨンハップニュース) チョン・ジョンフン記者=代表曲「チュ・プンリョン」・「故郷の川」などで1960~70年代を風味した元老歌手ナム・サンギュが29日別勢した。今年の83歳。 忠清北道清州で生まれた故人は、1960年軍服務当時釜山KBS「今週の新人チャンピオン」放送に出演し、合計10週間続いた最終関門まで通過した。この放送出演をきっかけに軍人身分では異例的に釜山KBS専属歌手になった。 >

軍で除隊したナム・サンギュは1962年、米8軍で公演をしていたショーメーカーであるユニバーサルを経てアセアレコードに所属を移し「街灯」を発表し、本格的に歌手活動を始めた。

デビュー以来、映画「幸せな孤独」の主題歌である「別れの羽田空港」とボリ首の頃、移民者の哀歓を込めた「ブラジル移民船」を発表した。

再販とDB禁止]

続いて代表曲「チュ・プンリョン」をはじめ、「撤収野行き」、「都会地ブルース」、「散布島処女」

を次々とヒットさせて人気歌手隊列に参加しました。

全盛期を謳歌した故人は、1967年歌手パティキムと共に日本レコード会社ビクターレコード社からスカウト提案を受けて活動舞台を日本に移した。

日本で発表した’孤独の酒などは台湾でも不法複製版が出るほど人気を謳歌した。故人は韓国と日本を行き来しながら活動しながら「雨の中の女性」、「様は遠い所に」などを呼んだりもした。また、「ナム・ヨンイル」という名前で作曲活動もした。/p>

国内でも「歌謡舞台」など放送に出演したりした故人は昨年肺がん4期診断を受けて闘病生活をしてきた。

パク・ソンソ大衆音楽評論家は楽譜のまま歌う原曲主義者で、声自体にすでに感情が溶け込んでいると評価されており、中低音の魅力的な歌手だった」と説明した。

[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!