[SBS芸能ニュースㅣカン・ギョンユン記者]グループトゥモローバイトゥゲザーが米国の主要ラジオチャンネルに引き続き出演、グローバル市場で「第4世代リーダー」の歩みを続けていく。ボムギュ、テヒョン、ヒューニングカイ)は最近、米国ニューヨークに本社を置いて全域に送出されるラジオSirius XM、サンフランシスコのラジオKMVQやKYLDなど、米国の主要ラジオチャンネルに出演した。

21日(以下現地時間)、サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリアム(Bill Graham Civic Auditorium San Francisco)で、トゥモローバイトゥゲザーが初のワールドツアー「TOMORROW X TOGETHER WORLD TOUR 」を全席完売させたで公演を開催した事実に言及し、ビル・グラハム・シビック・オーディトリアムは、オリビア・ロドリゴやビリー・アイリッシュなど争ったグローバルアーティストたちも全席を完売させた伝説的な公演会場だと説明した。これにテヒョンは「夢を叶えた気分」と答え、ヒューニングカイは「このような舞台で公演して栄光だ。多くの愛と応援を送ってくださったファンに感謝しているという挨拶を伝えたい」と答えた。

KYLDの進行者は「夢の章」シリーズ以後、トゥモローバイトゥゲザーの音楽について質問し、テヒョンは「より多様なジャンルに挑戦し、5メンバーとも作詞、作曲など私たちの音楽にさらに深く参加した」と音楽的成長を説明した。また、22日に発売された新曲「Valley of Lies(feat. iann dior)」について、ヨンジュンは「イアン・ディオールが私たちの音楽を聞いて連絡をして、一緒に作業をすることになった」と明らかにした。シリウスXMのライブ放送には、トゥモローバイトゥゲザーとイアン・ディオール(iann dior)が共に参加した。イアン・ディオールは「(トゥモローバイトゥゲザーのように)素敵なアーティストと一緒にしたこの曲がついに世の中に出てくれて嬉しい」という感想を残し、去る24日トゥモローバイトゥゲザーのロサンゼルス公演にサプライズゲストとして登場したことについて「以前に触れたことのないまったく新しい経験だった。バイトゲザーの相次ぐ米国ラジオ出演は北米内の熱風につながっている。米国ラジオ放送回数分析チャートのメディアベース(Mediabase)が去る26日発表した「トップ40」アドボード(ADD BOARD)によると、「Valley of Lies (feat. iann dior)」は7位に上がった。 「トップ40」アドボードは、米国内のラジオ番組で再生するために音楽を登録したラジオ局の数を集計したもので、「Valley of Lies (feat. iann dior)」は合計177のラジオ局のうち23に登録された。一方、トゥモローバイトゥゲザーは来る30日、米国大型音楽フェスティバル「ローラパルーザ」(LOLLAPALOOZA)の舞台に上がる。 「ローラファルージャ」は、グローバルファンダムライフプラットフォームWeverseのビデオライブ技術「Wevers Live」を通じて米国外地域に生中継され、米国内地域ではストリーミングサービス「Hulu」を通じて生中継される。

[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!