グループWINNER(カン・スンユン、キム・ジンウ、ソン・ミンホ、イ・スンフン)がミョン・ブホ(ホリデイ)同じ時間をプレゼントした。

ウィナーはメガヒット曲「REALLY REALLY」(リリリリー)公演で幕を上げた。続いてK-POP代表サマーソング「ISLAND」(アイルランド)ライブを披露し、雰囲気を引き上げた。キム・ジンウは「本当にきれいなキム・ジンウだ」と言葉を開き、カン・スンユンは「汗でシャワーしたスンユンだ。情熱」と運を上げた。

ソン・ミンホは「今日だけはファッションデザイナーのソン・ミンホだ。嬉しい」と挨拶した。イ・スンフンは「新しい時代、新しいリーダーのシン・スンフン、イ・スンフンの挨拶を上げる。今日、私は栄光のMCまで引き受けた。カン・スンユンは今回のショーのために準備した主題について「皆さんのためにオールライブステージを準備した。私たちインナーサークルの方々に初公開する舞台もあるから最後まで一緒にいただきありがとうございます」と耳打ちした。ソン・ミンホは「一度ハンサムなジヌ型顔を準備した」とし「今回のスペシャルショータイトルを私たちが直接作った。 >ウィナーは去る5日4枚目のミニアルバム「HOLIDAY」を発売して2年3ヶ月ぶりに完全体でカムバックした。今回の新報で全世界18地域iTunesチャート1位、国内音源チャート1位、初動販売量(アルバム発売後1週間販売量)自体最高記録更新、ボーイズグループ初の漢江ゲリラ公演2万観客動員など成果を収めた。/p>

イ・スンフンは「私たちが817日ぶりにWINNER完全体活動をした」とメンバーと共に過去4週間の活動秘話を振り返るコーナーを紹介した。カン・スンユンはイ・スンフンと額を合わせて撮影したSBS「人気歌謡」エンディング妖精ポーズについて「私とスンフンが兄のエンディング妖精シーンが話題になった。カメラを叩いて愛すると言うのだったが、スンフン兄が瞬間的な基地を発揮して乱入をした。 私は自然に一緒にカメラを眺めた。回想した。

ソン・ミンホは「エンディング妖精あまりにも難しい」と打ち明けた。キム・ジンウは再び要請して撮影したが放送には使われなかった可愛いエンディング妖精ポーズを再現してファンの嬉しさを買った。

/2022/07/29/202207292142130410_2_20220729214403753.jpg?type=w540″>

昨年1月に国防の義務を終えたイ・スンフンは今回のアルバム発売後ビデオ。昨年12月に招集解除されたキム・ジヌも同様だった。イ・スンフンは「今回の活動で欠かせない記憶だ。全世界ファンの方々に会った時間」と話した。 「と微笑んだ。カン・スンユンは「緊張した」と共感を表した。イ・スンフンは「私も友達とビデオ通話はたくさんやってみた」とし「途中で送出が大変残念な瞬間もあったが、全世界のファンの方々に会えてとても大切な時間だった」と明らかにした。

ゲリラコンサートに関するトルクも続いた。 WINNERは10日午後8時、ソウル永登浦区汝矣島漢江公園水色舞台で単独ゲリラコンサート「HOLIDAY IN THE CITY」(ホリデイ・イン・ザ・シティ)を開催した。誰もが楽しむことができる野外公演だっただけに、ファンだけでなく家族、恋人単位の観客たちが大挙集まり、雲集人員は2万人に達した。できない瞬間」と明らかにした。イ・スンフンは「この日も雨が降っていると言えなかったらどうか心配をした。しかし2万人が来てくれてとても感謝した」と述べた。聞いた。当然良かったと言ってくださったが、大人たちが、私たちのファンの方ではない方々が行く途中で本当に良かったと、幸せだったという話を交わしながら行く姿を見たという後期を聞いていただいた」と明らかにした。

WINNERは新報収録曲「10分」、「HOLIDAY」(ホリデー)、タイトル曲「I LOVE U」(アイラブユー)、「FAMILY」(ファミリー)公演を続けた。断然輝いた大木はウィナーの特出したライブ能力だった。 WINNERはリップシンクする歌手たちが大多数である音楽放送でもデビュー初めから8年間鮮やかなライブを固守している。今回のライブ放送でもオールライブでヒット曲と新曲の舞台を消化して視聴者たちの熱い反応を引き出した。リアルタイムのコメント窓を通じてWINNERの4人4色の魅力的な音色に対する好評があふれた中、ある視聴者は「カン・スンユンの声は国宝級」というコメントを掲載した。カン・スンユンは「ありがとう。国宝に指定をお願いする」と冗談を言った。 ウィナーは今年8月17日デビュー8周年記念日を迎える。 2013年Mnetサバイバルプログラム「WIN:WHO IS NEXT」(ウィン:フイズネクスト)を経て、2014年8月17日の歌謡界に正式デビューしたWINNERは、過去8年間特定ジャンルに安住せず、ラップヒップホップからアコースティックブルースポップ、ブルースポップ、ディスコ、ダンスホールトロピカル、暗い感性のクロスオーバーなど多彩な変化と成長を続け、国内外の音源チャート1位を席巻した。ある「REALLY REALLY」(リリーリリー)ではボーイズグループ初チャートである状態で1億ストリーミングを突破してKポップを代表するメガヒット曲になった。メロンによると、今年の7月上旬基準「REALLY REALLY」と「LOVE ME LOVE ME」(ロブミラプミ)、「EVERYDAY」(エブリデイ)、「MILLIONS」(ミリオンズ)、「AH YEAH」(はい)などカン・スンユンがプロデュースあるウィナータイトル曲10曲の平均ストリーミング数は1億を超えた。キラキラ人気にとどまらず抜き出された音楽的力量を武器で着実に完成度の高い結果物を世に出して、大衆的愛まで受けたという屑証だ。

「信じて聞くウィナー」として通じる4人のメンバーは、デビュー7周年だった昨年8月、所属事務所YGエンターテインメントと5年再契約を締結し、美しい同行を続けると約束した。直接書いて下された新報収録曲「FAMILY」歌詞「長い歳月の前に私たちはまだ太陽のひよこ」、「守っていこうウィナー永遠に」などを通じても曲名そのまま単純なビジネス関係を超えて家族と変わらなかった貴重な関係性を振り返った。

ライブショーの終わりに、ウィナーはお互いに書いた手紙を読んで、粘り強い友情を体感しました。ソン・ミンホは臨時リーダーとして今回の活動を通してエナジャイザーの役割をしっかりしてくれたイ・スンフンに感謝を表して「青い満場だったWINNER、お互いの襟の力を握って頑張ってきただけに、これからもどんな毛深い風波の前でも頑張ってみよう」と伝えた。イ・スンフンは「とても感動だ。私たちも楽しい活動だったので枯渇を心配する必要は全くない。まだまだ腕を組んでいる。 img src=”https://ssl.pstatic.net/mimgnews/image/609/2022/07/29/202207292142130410_3_20220729214403769.jpg?type=w540″>

を受けた後、回復したカン・スンユンに代わって臨時リーダーの役割を果たしてきたイ・スンフンの手紙だった。イ・スンフンは「私はまたあなたの後ろで収斂クリーンをすることになるその日を楽しみにしている。食べて今シン・スンフンに選んで食べることがない」と話した。

これにソン・ミンホとカン・スンユンは「今回の活動までだけしてほしい」と頼んだ。イ・スンフンは「ビルドアップをしたが、このように私を支えてくれる方々がいらっしゃるので、私はどうしてこの場から降りてくることができるのか」と臨時リーダー期間延長要請を快く受け入れた。

本気を伝えた。カン・スンユンは「ファンの前に戻るまで兄がどれだけ多くの悩みと戦ってきたのか、多くの考えをまとめてきたのかよく分かるので、あえて話してもいいかは分からないが、兄が上手くいて今後ももっとうまくいくと言ってあげたい。兄はWINNERでなくてもキム・ジヌ自体と輝く人でウィナーも後ろにいる。キム・ジンウという人を世界にさらに広げてほしい。頑張って耳を傾けてくれる兄がいるので、私たちがこれだけお互いを愛して信じてくれてここまで来ることができた。までは私が隣にいてくれる」と付け加えた。

キム・ジンウはソン・ミンホに手紙を渡した。キム・ジンウは「愛らしいマイノ。2年3ヶ月ぶりにWINNERカムバック準備して活動して大変に見える時もあったが幸せな姿もたくさん見せてくれてありがとう」テニから連絡してくれて。心が暖かくなった」と話した。ソン・ミンホは「手紙でもメンバーたちの個性がすべて見える」と明らかにした。

イ・スンフンは「元々1時間放送予定だったが時間がオーバーした」と話した。キム・ジンウは「一度今日はとても楽しかった。暖かい芸能だった」と親指を立てた。カン・スンユンは「久しぶりに私たち同士で一緒に話し合い、おもしろいゲームもして。こんな時間が一生残る思い出だと思います。ソン・ミンホは「私たちのスタジオで遊んで、楽しく漂うのが好きだ。とても楽しかったし、視聴してくれた私たちのインサーの方々もどのように見てくれたのか分からないが、面白いシーン、’チャル’がたくさん生成されたことを願う。今日一緒にいただきありがとうございます。愛する」言った。イ・スンフンは「アンコールコンサートの代わりにライブショー進行した時が思い出した」とし「早くオフラインでもこのようなイベントがより多くなるようにWINNERが懸命に走ってみるようにする」と付け加えた。

31日に放送されるSBS「人気歌謡」と8月2日に放送されるMBC「戸籍合致」に完全体で出演する。なるMBC「私一人暮らし」に出演する。カン・スンユンは8月2日放送されるMBC FM4U「正午の希望曲キム・シンヨンです」にスペシャルDJで出演する予定だ。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!