[ニュースエンパク・アム記者] JUN。 K(ジュンケイ)が日本で対面単独ファンミーティングを開く。

2PM JUN。 Kは来る9月3日午後2時、7時日本中野サンプラザで’Jun。 K(From 2PM) 2022 FAN MEETING WE, LOVE ON, AGAIN >'(上、ラブオン、アゲイン)というタイトルで計2回単独ファンミーティングを開催する。

今回のファンミーティングは2017年5月に開催された「Jun。 K (From 2PM) Premium FANMEETING “Jun. K♡”」以来約5年ぶりの日本ソロファンミーティングだ。

JUN。 Kは昨年3月、濃い感受性が盛り込まれた日本ミニアルバム「THIS IS NOT A SONG」(ディス・イズナット・アソン)を発表した。 「THIS IS NOT A SONG」で日本のiTunesでKポップアルバムチャートとポップアルバムチャート1位、総合アルバムチャート3位を占めた。

またJUN。 Kは音楽に続いて芸能とミュージカルまで身を包んだあらゆる分野でソロアーティストの力量を十分に発揮している。 2PM代表曲であり、逆走熱風を起こした「私たちの家」を作詞、作曲した主役として優れた音楽的感覚を認められたところ、2021年6月に発売した2PM正規7集「MUST」(マスト)では、収録曲「大丈夫ではありません」、見たい、見に行こう’、’置かないよう’など多数の曲作業に参加して幅広い音楽性を表わし、舞台の上では音色と魅力を誇りファンの愛を受けた。ミュージカル「三銃士」、「ジャック・ザ・リッパー」、「イコル」などでは安定した演技力と歌唱力をプレゼントし、ミュージカル俳優として注目されたりもした。 Kは最近タイ芸能放送「セブンスターズ」(Seven Stars)でプロデューサーとして出演し、参加者の助力者として活躍している。これに8月7日(現地時間)該当プログラムの一環として現地スペシャルファンミーティングを進行し、プロデューサーでシンガーソングライターとして位置し、ファンと疎通する。さらに最近、U+アイドルLive「アドルラスク3:広報ONアイドル」ではMCを引き受け、きれいな進行実力と多くのKポップ先輩たち間のケミストリーを発散している。昨年終映したMBCサバイバルオーディション番組「極限デビュー野生石」でもメンターとして参加してプロアイドル面貌を伝え、これまで積み重ねてきた経験をもとに参加者たちに役立つアドバイスと褒め言葉を惜しまない勇気を盛り上げた。 (写真=JYPエンターテイメント提供)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!