「鼓膜彼氏」が愛人に戻ってきた。歌手の義烏がロマンチックな感性をいっぱい込んだバラードで感性を刺激する。言葉もしないでください」は、大変で疲れたとき、いつもそばで一緒にしてくれた人に向けた感謝と永遠に一緒にしようとする心を込めた感性バラードだ。

義烏30言わないで」を発売した。写真=京栄カンパニー、特に今回の義烏の新曲「何も言わないで」には、作詞がハナとサイコテンション(Psycho Tension)のチョン・ソンミンなどが編曲で参加した。

これまで「別れ歌匠職人」として別れ感性満載の歌でリスナーの感性を刺激した義烏は今回は甘い愛好家ムードを見せる。

「何も言わないで」を通じて、義烏はアコースティックなギターメロディと調和した柔らかく暖かいボイスを誇る。義烏だけの感性を細かく込めた「何も言わないで」は「今のように愛するように余韻を残す。歌手イ・ウがロマンチックな感性をいっぱい込んだバラードで感性を刺激する。義烏は30日午後6時、各種音源サイトを通じて新曲「何も言わないで」を発売した。 「何も言わないで」は難しい

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!