の魅力を自慢した。毎舞台ライブを固守していたヒョリンは、今回の新曲「NO THANKS」の活動でもしっかりしたライブをプレゼントした。熱い夏の熱気を冷やす「アイスクイーン」で各種音楽放送を受けたヒョリンはパフォーマンスはもちろん、一層華やかになったビジュアル、そしてハスキーボイスに清涼感を加えたライブまで完璧な三拍子で完成度を高めた。

Mnet「クイーンダム2」当時から激しい振り付けにも揺れないライブ実力を誇ったヒョリンは今回の活動にさらに成長した実力を見せている。アゲインオープンマイク’、ディンゴミュージック’キリングボイス’などコンテンツでも光を発揮した。 「BLUE MOON」、「Touch My Body」、「Dally」、「Ma Boy」などを通じて、転売特許の涼しい歌唱力で大衆の熱い呼応を受けた。’では自分の曲以外にも自分だけのスタイルで解釈した防弾少年団(BTS)の’ダイナマイト’カバーを披露して感嘆を引き出した。など多彩なコンテンツで熱日の歩みを続けている。去る18日三番目ミニアルバム「アイス(iCE)」に戻ったヒョリンはカムバックと各種ライブ舞台で歌謡界を涼しく彩っている。毎ステージライブにこだわったヒョリンは、今回の新曲

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!