w540″>

(輸出ニュースイ・ジョンボム記者)防弾少年団(BTS)ジェイホップ(j-hope)の米国公演が一日前に迫ってきた中、現地の雰囲気が盛り上がっている。

防弾少年団ジェイホップは8月1日午前11時(韓国時間)、米国シカゴグラントパークで開かれる「2022ローラパルジャフェスティバル」のメインステージヘッドライナーとして1時間単独公演を繰り広げる。韓国アーティストは初めて米国主要フェスティバルの見出しを飾ることになった。イベントの講義現場写真を掲載した。 「Think Chicago Lollapalooza」は、米国大学生のシカゴ革新企業訪問を支援する「Think Chicago」の夏のフラッグシップイベントで、企業訪問を終えた後にローラパルジャフェスティバルを楽しむことができるようにしたプログラムです。

副市長は写真と共に「中西部系列学生300人が雇用機会と私たちの驚くべき生活の質について学ぶために訪問した。彼らもジェイホップの公演を期待している」という文を残した。ヘッドライナーアーティストとしてはJホップをはじめ、メタリカ、グリーンデー、ドゥア・リファ、リールベビー、マシンガン・ケリー、ジェイ・コールなどが選ばれた。多くの大学生が世界的なアーティストの中でもジェイホップの公演に期待感を示したという点が目立つ。 「ビッグニュース」という言葉で関心を表明したことがある。米国のチケット販売サイト「チックピック」(TicPick)は「Jホップがヘッドライナーで出演する日曜日のチケットがチックピックのローラパルージャ公演中1日券チケット歴代最高需要を記録した」と公式発表したことがある。 >

彼の公演はアメリカでは「フル(Hulu)」ストリーミングサービスを通じて生中継され、韓国をはじめとする米国外地域ではウィバスプラットフォームを通じて無料で生中継される。

インスタグラム、シカゴ副市長ツイッター

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!