グループユキスのスヒョンがデビュー14年ぶりに初めて自分の名前を掲げたソロアルバムを発売し

スヒョンは最近、ソウル江南区のあるカフェで最初のミニアルバム「COUNT ON ME」(カウントオンミ)発売記念インタビューを行って、新しいアルバムについての話を交わした。

スヒョンの今回のアルバムは去る2008年ユキスでデビューして以来14年ぶりに初めて発表するソロアルバムであり、去る2017年12月発表したシングルアルバム’YOU’以後約4年7ヶ月ぶりに公開するソロ新曲だスヒョンは初のソロアルバム発売と関連して「ユキス活動した時もソロとしてもお見せしたかったのにそのような機会が来なかった。その時から誰にでも共感できる曲をお見せしたいという考えを持っていた。誰にも持っている思い出、誰にでも起きることができること、そんなことを初アルバムが出たら盛りたかった。今回準備をしながら所属事務所で私の考えをたくさん受けていただいた。作詞や全体的な枠組みに私の意見が多く反映された。歌を聞いた時も共感していき、その時そうだと思えるような感じで録音をした。誰にでも簡単に近づける歌のようだ」と明らかにした。

.jpg?type=w540″>

所属事務所を移した後発売する初のソロアルバムだけに負担感も大きかった。彼は「負担がとても大きかった。初めて決定がなされたときは、頑張って感謝した。準備をする過程では「これをファンの方々が好きなのか」「大衆の方は関心を持ってくれるか」という考えがたくさん聞かれた。代表が「スヒョンさんが好きなことを存分にいただきたい。最大限反映する’と心をつかんでくださった。楽しく楽しく作業した。ながらもメンバーたちも応援たくさんしてくれた。ファンの方々も応援たくさんしてくださるので自信もできた」と感謝を表した。で、ソロアーティストスヒョンの音楽的成長を垣間見ることができるアルバムだ。ポップを基盤としたそれぞれ異なるジャンルの4曲が盛り込まれ、既存に見せてくれたスタイルとは差別化された新しい音楽世界と音楽的色彩を予告した。ポップダンス曲で、ジャズ、ブルースなど多彩なジャンル的要素を加味して豊かで新鮮な魅力をプレゼントする曲で、男が恋に落ちる過程を焼酎を飲みながらとる感情の変化で表現した。

彼はタイトル曲「焼酎の妖精」について、「私は事実焼酎が好きだ。最も適切なのが焼酎ではないかという漠然とした考えになった。歌を歌いながらも大丈夫だったようだ。愛に酔うという感じが似ているようだ。明るくときめきは感情を表現しようとした」と説明した。

w540″>

スヒョンはユキス活動当時高音パートを引き受けて激しい振り付けと一緒に歌を消化したこと。彼は「ユキス活動の際に高音も多く、アドリブや難しい部分をたくさんしたが、それがより簡単だ。もともとやってきたのでそこに合わせられている。ソロ曲を作業し、全部難しかった。グループの中で私はサビや後ろにビルドアップされる部分をたくさんした。私はすべての曲が最初の導入部が難しく、そのような部分に神経をたくさん書いた。ソロ曲だから最初から最後まであの一人で表現しなければならなかったので、そんな部分が難しい宿題だった」と打ち明けた。 「Friend(Duet With ニエル)」が含まれており、目を引いた。彼は「ニエル氏がティントップで初めてデビューした時から一緒にぜひ作業をしてみたかった。ボーカル色が珍しくて上手です。私が持っていない感じを吠えているというのも羨ましかった」とコラボレーション理由を明らかにした。他の所属事務所で練習生としていた時、ニエル氏が小学校6年生だった。一緒に練習した期間が長くはなかったが、私もデビューしてティントップが出たが、その友人だった。以後、「文明特急」の息を聞くような舞台をしながら親しくなって縁になった。今回「My Friend」という曲が出た時、すぐに思ったのがニエルと言えばいいから連絡を直した。順調にオーケーをしてくれて作業をすることになったが面白くしたし、昔考えながら一緒に活動した時共感があって作業するときもっと楽しかった」と付け加えた。

それでは、ユキスのスヒョンとソロアーティストスヒョンの違い彼は「基本的に実力、舞台上でのプレイは当然歌手やアーティストなら完璧に見せなければならないと思う。違いだとすればソロアーティストだが簡単に大衆に近づけるアーティストになりたい。だから今回のアルバム音楽を楽に聴くことができる音楽にこだわったこともある。ユキス・スヒョンは素敵な人の感じがあればソロアーティストとしてはより簡単に近付くことができる感じになりたい」と伝えた。思い出を召喚している中で、彼らと共に活動をすることになったスヒョンは「完全心の安定が生じている。とても感謝しています。来週から音楽放送でカムバックするのに、第2世代のアイドルの方々が一人でもいればいいと思ったが、今回出て来た。一緒に活動したいという気がする。来週の音楽放送が怖い。心配になる」と率直に言った。ところが現実と見ると難しい。世の中が虐待堕落していない。ところで少し自信がある。歌がいい歌を聞いたときに気分が良く、一度私を考えてくれて、ユキスを考えていただければいいと思います。だからうまくいけば1位もやってみるといいです。それに本当にたくさん気を遣った。私が感じる感情を聞く方も感じてほしい。 「スヒョンOPPAのため恋愛始めたじゃない」そんな話を聞きたい」という風を伝えた。/[email protected]

[写真]タンゴミュージック

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!