アーティストのジソウル(GSoul)が北米の熱気を熱く引き上げた。

バンクーバー、トロント、シカゴ、ニューヨーク、フォースワース、ヒューストン、アトランタ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴ、シアトルまで全11地域で公演を活発に続けてきたジソウルは本格公演前から彼が聞こえる歌に注目を集めました。 =ワーナーミュージックコリア、特にジソウルは北米ツアー開始から全席完売を記録、グローバル人気を実感させた。先に進んだヨーロッパツアー全席完売に続き、北米ツアーの最初の地域ベンクーバーとトロントまで全席完売を達成し、神話を続けたジソウルはグローバル上昇を加速するとともに、ソロアーティストの底力も立証した。今回の北米ツアーを進め、ジソウルは各地域を訪れるたびに公式SNSチャンネルを通じてファンに感謝の挨拶を忘れず、公演場での姿まですべて公開し、国内のファンにも現場の活動感を伝えた。

現Kポップ市場で独歩的だと見ることができるソウルと感性、色で大衆の間で口コミに乗っている音楽だけにジソウルは今回のツアーを通じて国内を越えて海外でも強大な人気を誇っているアーティストであることを証明、2022年下半期もそれだけのソウルに染まった。毎回「ファンの感謝の気持ちに対する報いとただの希望を伝えたい」と話したジソウルであるだけに、彼は各公演ごとに彼の本気が込められた音楽からファンとの自然なコミュニケーションまで、格別な真正性で海外ファンたちの「韓国語テチャン」を引き出した。舞台上の曲に向かった本気と感動を伝えるミュージシャンとして活躍したジソウルは、舞台外では公式SNSやYouTubeチャンネルを通じて日常を共有し、おなじみのイメージまで見せて反転魅力を発散、音楽のほかにも大衆を「ジソウル」自体に染み込ませている。ジソウルは去る7日から24日まで北米ツアー「GSoul 2022 North America Tour」を進行し、現地ファンたちと近く呼吸した。バンクーバー,

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!