歌手ジコが1日午後、ソウル江南区グランドインターコンチネンタルソウルパルナスで開かれたミニ4集「グローンアスキッド(Grown Ass Kid)」発売記念記者懇談会でポーズを取っている。写真提供連合ニュース

ジコが「生」の魅力に戻ってきた。インターコンチネンタルソウルパルナスグランドボールルームで行われた。飛び越えて再びアーティストとして活動に拍車をかけるという意味を込めたアルバムだ。タイトル曲「オタク」と先行公開曲「ソウルドリフト」などポップ、ヒップホップ、オルタナティブR&Bジャンルの曲5曲が収録された。 。タイトルを直訳すれば「多大子」という意味なのに、2年の空白期の間に社会的に文化的に急速に変化する中でも変わらなかったのは、自分に対するエネルギーとアイデンティティ、そのようなものを意味して表現した」と新しいアルバムを紹介した。

歌手ソウル江南区グランドインターコンチネンタルソウルパルナスで開かれたミニ4集「グローンアスキッド(Grown Ass Kid)」発売記念記者懇談会で質疑応答している。写真提供連合ニュース

続いて「今回のアルバムを作業して初めて音楽作業をした時の気持ちに戻った感じを受けた」とし「以前ジコに近い結果物が出なかったかと思う。あえて修飾しようとすると「生のままのジコ」が多く見られるアルバム」と話して期待を高めた。ジコは「他の曲も良かったが’オタク’というのが今のタイミングで初めて最後に見せることができるラフな姿になると思った」とし「パフォーマンスに重点を置いて、聴覚的にも早いテンポに力をたくさん実だった。確かに「ジコ」という部分がよく浮き彫りになったようで気に入っている」と満足感を表した。ジコだけが見せることができるチャレンジに視線が集まる。

歌手ジコが1日午後、ソウル江南区グランドインターコンチネンタルソウルパルナスで開かれたミニ4集「グローンアスキッド(Grown Ass Kid)」発売記念記者懇談会でポーズを取っている。写真提供連合ニュース

ジコは「『オタク』の振り付けは曲自体が速いスピード感と荒いイメージを示すだけにそのイメージに似て構成した。私も練習室でもっと時間を費やしたほど簡単ではないだけに、本当に「チャレンジ(挑戦)」になるほどのチャレンジになるのではないかと思う」と明らかにして期待を高めた。

年ぶりに帰ってきたジコ。アルバム発売に先立ちコロナ19に確定され、計画された日程をすべて延ばさなければならなかった彼は現在の健康を回復し、今後の活動にさらに情熱を尽くすことを予告した。考えをたくさんした。私の中にデータがたくさん積まれていたら、そのデータを消して再び私を広げられるように同期させた期間」とし「頭の中が開運された状態だ。今後創作するにあたって、さらに良い状態だ」と自信を示した。今回のアルバムが多くの方のプレイリストに追加されてほしい風」と抱負を伝えた。ジコのミニ3集「グローンアスキッド」発売記者懇談会が1日、ソウル江南区グランドインターコンチネンタルソウルパルナスグランドボールルームで行われた。過去27日足

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!