グループユキス・スヒョンインタビューグループユキス・スヒョン/写真=タンゴミュージック提供
(インタビュー①に続く) スヒョンの初ソロミニアルバム「カウント・オン・ミ」のトラックを見ると、彼が過ぎた道がずらりと見える。難しくて大変な状況にあってもあきらめなければ再び起きることができるというメッセージを盛り込んだ「ウェイクアップ(Wake Up)」で始まり、ユキス活動当時親友だったグループティントップのニエルがフィーチャリングに参加した「マイフレンド(My Friend)」、そして明るいエネルギーアルバムの発売を控えて会ったスヒョンは「本当に気持ちがいい。感謝した心が一番大きい。軍隊に行ってきて心的に不安だった。メンバーたちと一緒にユキスを引っ張って行かなければならないのか、また自分自身もどうすべきか悩みが多かった。ではなくユキスだった。 YouTubeチャンネル「文明特急」で「満たしている」、「うるさい」などユキスの曲が再照明され、再びチームが注目され始めたこと。スヒョンは「多くの方がユキスをよく見てくれた。当時忙しく活動していたが、既存の会社と別れて一人になってすごくいつも不安な気持ちで暮らしたが、今回新しい所属事務所に会って良い歌を聞かせてくれるのが幸せだ」と話した。/p>

自転話を盛り込んだ1番トラック「ウェイクアップ」について、彼は「テンポが一番早い。楽しいという感じを受けることができるロック感の曲だ。すごく希望的な内容」と紹介した。そんなたびに自分自身に話をたくさんかけた”としながら”こういう内容で’ウェイクアップ’の話を構成したかった。 3番目のトラックはTintop Nielと完成しました。過去に一緒に練習生の時代を経ていた二人は以後、アイドル第2世代市場でそれぞれユキス、ティントップとして活動した思い出がある。するとニエルが別の所属事務所に行くことになったし、その後デビューしながらまた会った。その友達とはぜひデュエット曲をしてみたいという考えを持っていた。会話をたくさん分かち合い、機会になれば一緒に歌ってみようとしたが、今回ニエルが快くしてくれた」と伝えた。思い出を回想できる曲なのにニエルとはアイドルで活動してスケジュールもものすごく多く、よく休まなかった時ちょっと挨拶しながらも楽しく笑って話した記憶がある。

4番トラック「メリーミー」は、アルアンビーバラードジャンルのプロポーズソングだ。アルバムの結末が結婚である理由について尋ねると、スヒョンは「私はまだ結婚するつもりはない」と笑った。人に会って家庭で成し遂げるのをすべて祝福してくれた。

すべての物語でほとんど抜けずにユキスを言及した彼だった。それだけユキスはスヒョンにとって重要で、また大切な存在だった。現在、所属事務所と契約をすることになった当時、スヒョンが最初に思い出したこともユキスだった。したいと言ったら、じゃあメンバーたちに連絡をしてほしいと言ったし、そうフンとギソプが一緒に来ることになった”と明らかにした。メンバーと共に以前の所属事務所を訪ねて「ユキスをやり直す」と明らかにし、快く権限を与えられたこと。スヒョンは「会長が作ってくれた名前を最善尽くして最後まで持っていくと言うので、むしろ申し訳ないといい会社に会ったと励ましてくれた。本当に感謝した」と打ち明けた。

あった。ダサダナンだったけど私たちの名前が恥ずかしくない。私が上手くてユキスがもっと知ればそれで幸せだ。大変だった。 大変だったこと、幸せだったことなどすべてが全て入っていて私にとってはとても大切だ。 もう一度そんな感情を感じたい」と告白した。した。彼は「ギソプ、フンまで三人でお見せできるようだ。具体的な計画は出てこなかったが、曲を受け続けていて、またメンバーたちが曲も使うから活動を準備している段階だ。おそらくアルバムが出てこないかと思う」と耳打ち「今回を足場にしてユキスアルバムはもっと完璧にしたい。旺盛に活動する姿をお見せしたい。ユキスとして音楽放送で1位一度するのは私の人生の目標だ」 「と言った。 (インタビュー③で続く)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!