.jpg?type=w540″>

[ニュースエンファン・ヘジン記者]グループ防弾少年団(BTS)メンバージェイホップ(j-hope)が米国シカゴを越えて全世界の音楽ファンにジェイホップダウン希望のエネルギーを伝播した。

ジェホップは7月31日(現地時間)、シカゴのグラントパークで開催されたアメリカ大型音楽フェスティバル「ローラパルーザ」(LOLLAPALOOZA)に出演した。

‘は、米国イリノイ州シカゴで毎年開催される30年の歴史の大規模な野外音楽祭で、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)、メタリカ(Metallica)、コールドプレイ(Coldplay)など、内なる世界トップスターたちが出演した。韓国歌手が米国大型音楽祭にメイン舞台ヘッドライナーとして交渉されたのは初めてだ。ジェイホップはかなりのグローバル人気に基づいてアメリカの公演に新たな記録を追加した。ジャック・イン・ザ・ボックス)ダブルタイトル曲「MORE」(モア)で同日公演の砲門を開いた。巨大な会場をいっぱい埋めた観客たちは熱い歓声とテチャンでジェイホップの情熱的な公演に答えた。 3月に発売されたJホップの初のソロミックステープ(非商業的目的で製作して無料で配布する曲)「Hope World」(ホップワールド)収録曲「Base Line」(ベースライン)と「常に(HANGSANG)」だった。ジェイホップは防弾少年団として過去9年間積み重ねてきた公演経験を十分に発揮し、舞台のあちこちを熱心に歩き回って現場の雰囲気を圧倒した。

image/609/2022/08/01/202208011011470410_2_20220801121303135.jpg?type=w540″>

“防弾少年団のジェイホップ”と初挨拶を発表防弾少年団のファン)たちに先に感謝挨拶を伝えたいと言った。私の話を聞いてほしい」と明らかにした。ジェイホップ(本名チョン・ホソクのj-希望を意味するhope)という自分の名前のように誰かに希望となり、勇気と力を与える平和の小さな彫刻でもなりたいという風を歌った。’Jack In The Box’収録曲’=(Equal Sigh)'(イクォルサイン)と’STOP(世界に悪い人はいない)’舞台を通じてはそれぞれ互いの違いを差別ではない差異として受け入れて尊重しなければならないという有意なメッセージと人間本性に対する率直な感情を歌った。 「Hope World」のアウトトロで、昨年3月にシングル形式で公開された「Blue Side」に雰囲気を切り替えたJホップは、「Jack In The Box」収録曲「Safety Zone」(セーフティゾーン)と「What If…」(ワットイフ)で完全に休息できる安全地帯に対する羨望、そしてペルソナと自我の衝突による量価的な感情を解き明かした。

黒から白の衣装に着替えて舞台に再登場したジェイホップは防弾少年団グローバルメガヒット曲「Dynamite」(ダイナマイト)リミックスバージョンに合わせてダンサーたちと面白いステージを続けた。パフォーマンスも今回のフェスティバル舞台でしか見られない限定版振付だった。

以後、Jホップは「Hope World」のタイトル曲「Daydream(百日夢)」を熱唱した。この曲は常に喜びと希望を伝播するJホップ裏面にあるチョン・ホソクという普通の人間の多様な夢を広げた歌だ。

これにとどまらずジェイホップは防弾少年団正規4集「MAP OF THE SOUL:7」(マップ・オブ・ザ・ソウル:セブン)収録曲である自身のソロ曲「Outro:Ego」(アウトトロ:ゴー)を選曲した。この舞台を通じてチョン・ホソクではなくジェイホップになるまで歩いてきた道は容易ではなかったが、自分の選択が間違っていなかったので、その道を歩き続けるという確信を表わした。 「Hope World」収録曲「Hope World」を通じては、幼い頃の同心に戻り、四角い艦長のように楽しく当たり前に自分の人生を導いていくという意志を表明した。 3年前、防弾少年団ツアーのためにここに来た。本当に驚くべき時間で覚えている。一緒に踊ろう”と防弾少年団アルバム”LOVE YOURSELF 結’Answer'”(ラブユーアセルフ決’アンソ’)トリビアギ:ジャストダンス)を熱唱した。観客は、一つの声で「Jホップ」を連呼した。ジェイホップは「アミー感謝する。’ローラファルジャ’感謝する」と挨拶した。

/202208011011470410_4_20220801121303182.jpg?type=w540″>

アメリカの歌手ベッキージー(Becky G)もびっくり登場した。ジェイホップは、ベッキージがフィーチャリングで参加した「Chicken Noodle Soup」(チキンヌードルの森)に合わせて熱い公演熱気を最高潮に導いた。ベッキーは「ジェホップが本当に誇りに思う」と盛大な公演を祝い、ジェイホップは「私の友達ありがとう」と答えた。ジェイホップは「一時間に向かって走っているのに初めて韓国語を言う。皆さんジェイホップだ」とし「本当に私に意味のある瞬間だ。このアルバムを通じて消化したすべてのスケジュールが私に血と歳になって今日公演をしてアミ、多くの大衆を見てもう一度確固たる信仰ができたようだ”と話した。

「本当にあまりにも栄光で来てくださった多くの方々に感謝の挨拶をする。これらのスケジュールは私に恐怖の連続だった。それにもかかわらずとても重要な一瞬だった。 「次の曲は私にもとても特別で意味のある曲だ」と付け加えた。を盛況裏に仕上げた。この曲は順理通り未来を運命に任せてみようという楽観的心構えと希望が込められた曲だ。

(写真=ジェイホップ’ローラファルージャ’公演ウィーバースライブキャプチャ)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!