?type=w540″>

[スポーツソウル|キム・ミンジ記者]グループエスパはサークルチャートの7月の月刊リテールアルバムチャートのトップに上がった。 『ガールズ』はエスパの世界観ストーリーシーズン1を終えるアルバムで、同名のタイトル曲『ガールズ』をはじめ、新曲6曲に既存の発表曲まで計9曲が収録された。

2位はセブンティーンの4番目のリパッケージアルバム「セクター17」(SECTOR 17)、3位はエンハイフンの「マニフェスト:デイ1」(MANIFESTO:DAY 1)が占めた。 31週目のリテールアルバムチャートでは、キム・ホジュンの「パノラマ」(PANORAMA)が1位に名を連ねた。特に集計期間中、発売当日の7月27日水曜日午後2時に最も多く販売された。 「セクター17」(24日)、エスパの「ガールズ」(25~26日)。キム・ホジュンの「パノラマ」(27~28日)、ジェイホップ(j-hope)の「ジャック・イン・ザ・ボックス」(Jack In The Box(Weverse))(29日)、エイティズ(ATEEZ)『ザ・ワールド・エピソード。 1:モーメント(THE WORLD EP.1:MOVEMENT)(30日)が1位にランクされました。

[email protected]サークルチャート

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!