写真=KBS Joy’恋愛の惨犬3’惜しみもあまりにも過度に大切なガールフレンドの’チョンスン’モーメントが公開される。

2日放送されるKBS Joyバラエティ番組「恋愛の惨犬3」135回では、同い年の彼女と9ヶ月目恋愛中の32歳の悩み男の話が公開される。

悩み男は隣の住民である彼女に好感を感じる。最初の食事席でも残った食べ物を包んでいく彼女のまともな姿に悩み男はさらに惚れ、二人は恋人になる。ガールフレンドは配達を頻繁に食べる悩み男のために冷蔵庫の材料だけでおにぎりをしてくれるなどまっすぐになる面貌を見せる。ゴミ袋の価値を惜しむために、他人が捨てたゴミ袋を開けて自分のゴミを入れるのはもちろん、野菜マーケットの無料分けで得たものを家に積み重ねて再びお金を受けて売ったからだ。

キム・スクは「残りの食べ物を包んで冷蔵庫を食べたのは良かったのに」と残念で、クァクジョンはやはり「そこまでは中庭であり、その後は主接である。特にゴミ袋の事件は深刻だ。人々がガールフレンドのように行動すれば、社会は運営できない」と同意する。

ここにガールフレンドは悩み男の友人に必要なものだが、すでに使ったものをプレゼントしてみんなを驚愕させる。これにスタジオでは必要ないが新しく買ったプレゼントと必要だが、中古品のどれが良いのか、甲ロンを薄く繰り広げられる。キム・スクは「必要なものを受け取る」と話した反面、ソ・ジャンフンは「私に古物を与えれば戦争を宣言したものとみる」と話したとして興味を呼び起こす。

アン・ユンジ記者[email protected]

Categories: 放送/TV

山内 貴之

長年メディア産業に携わってきました。 K-Popをはじめ、少し新しい分野に挑戦します。 今日一日も最善を尽くします!