グループユキス・スヒョンインタビュー
1日最初のミニアルバム発売img src=”https://mimgnews.pstatic.net/image/015/2022/08/01/0004731358_001_20220801122101043.jpg?type=w540″>グループユキススヒョン/写真=タンゴミュージック提供
カムバックタイトル曲「焼酎の妖精」に強い満足感を表わした。 <カウントオンミ>はスヒョンがデビュー14年ぶりにソロで発表する初のミニアルバムだ。ユキスリーダーとして長時間活動してきた彼は、既存のイメージから進んでソロとして見せることができる多彩な音楽色を「カウント・オン・ミ」に収めた。

時はどうすればいいのかよく分からなかった。 緊張をたくさんしたようだ。

続いて「所属事務所で私の意見を楽に聞いてくれ、またよく収束してくれた。楽しくて濃い感情を持ってアルバムを準備した」と付け加えた。

タイトル曲はタイトルからユニークな’焼酎の妖精」だ。ロックベースのポップダンスジャンルで、ジャズ・ブルース的な要素を加味して豊かな感じを与えたのがポイントだ。男が恋に落ちる過程を焼酎を飲みながらとる感情の変化で楽しく表現した曲で、光と塩の「シャンプーの妖精」をオマジュした。

誰もが体験したストーリーを音楽で見せたいという気持ちが一番大きかった。

それで、「最初はタイトルがとても欲しかったが珍しかった。好きな人に感情表現する過程で何か他のものが必要になりたかったのにそれが焼酎だった。好きな人に取っていく感情を焼酎を飲みながら少しずつ取っていく感じにこだわって表現したかった」と説明した。スヒョンは「本当のアルバムの中にあるすべての曲がタイトル曲候補だった。みんな良い曲だ」としながらも「焼酎の妖精」が一番良かった。 %と言えばとても生意気なので95%程度にする」と笑った。ただ最近はカムバックを準備するのに精神がなくて酒が飲めなかった”と打ち明けた。できればとてもいい。歌が上手くなって入ってきたらしなければならないのか」と明るく笑った。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!