シカゴ「ローラパルーザ」フィナーレの装飾… 「ジャック・イン・ザ・ボックス」収録曲など20余曲公演
美歌手ベッキージサプライズ出演して「チキンヌードルスープ」コラボステージ

BTSジェイホップ、ロラパルジャ「ヘドライナー」再販およびDB禁止]

(ソウル=ヨンハップニュース) 安定フン記者=グループ防弾少年団(BTS)ソロ活動初のランナーであるJ-HOPが、米国シカゴの夜を熱くした。

ジェイホップは先月31日(現地時間)、米有名音楽祭のシカゴ「ローラパルーザ」(LOLLAPALLOOZA)にヘッドライナー(看板出演者)として出演し、20余曲の舞台を披露した。 BTSがグループ活動を暫定中止すると宣言した後、ソロ活動の初公開ステージだった。

ジェホップはソロデビューアルバム「ジャック・イン・ザ・ボックス」(Jack In The box)のダブルタイトル曲の一つである「モア」(more)を初舞台に披露した後、「私は防弾少年団のジェイホップ”とし”私と呼んでも良い”と親しみにあいさつした。 1、ステージと’=’、’stop'(世界に悪い人はいない)、’ブルーサイド'(Blue side)、’セーフティゾーン'(Safety zone)、’ワットイフ…'(What if… )舞台を休まないで披露した。ある外国人ファンは携帯電話のスクリーンにハングルでジェイホップの韓国名である「ホソク」と書いて振ったりもした。リフレクション(Music box:reflection)演奏が流れている間、しばらく舞台から降りた。披露し、「私は踊っているので、あなたは歌を歌ってください」と言いました。

.jpg?type=w540″> 2019年ジェイホップとベッキージー
[ビッグヒットエンターテイメント提供]

ジェイホップが「チキンヌードルスープ」(Chichken Noodle Soup)公演を披露した渦中にベッキージラという名でより有名な歌手リベカ・メリー・ゴメスがびっくりゲストとして登場した。 2人は公演を終えた後、抱擁で挨拶した。

公演が終わりに入り、Jホップは韓国ファンのために韓国語で感謝の挨拶を伝えた。そうだ」とし「多くのスケジュールが事実恐怖の連続だった」とグループのソロ活動初のランナーとして負担感を率直に明らかにした。に誇らしいと言ってあげたい」と話した。

感想を終えた後、ジェイホップは「フューチャー」(Future)ステージを最後にシカゴ、ローラパルージャ、アミ(ファンダム名)を交互に叫んで感謝の挨拶をした後、公演を終えた。 >

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!