出典=スターニュースDB

ジコ(ZICO)が帰ってきた。去る4月召集解除後3ヶ月ぶりに新報EP’Grown Ass Kid(グローンアスキッド)’を発売して早速歩行に突入した。 「Grown Ass Kid」について、ジコは「昔の私に近い音楽」と言う。彼の説明通り、タイトル曲「オタク」は全州からがジコらしいスウェグが存分に埋め込まれる。ヒップで、躍動感があり、興があふれる。

「Grown Ass Kid」は先月27日に公開された。アルバム発売時期に合わせてスケジュールを組んだが、コロナ19の確認とともに日程をすべて延ばさなければならなかった。 27日に予定されていた記者懇談会も1日で行われた。久しぶりに公式席上に姿を現したジコは結構凛とした態が埋まった。ジコは「2年という短くない時間の間、空白期を持ちながら多くの考えをした。’アルバムの説明を続けた。トレンドを敏感に追い、変わらない音楽に対する情熱とエネルギーで空白期を超える結果物を作るために努力した。 「Grown」というアルバム名をつけたのも、このような心構えを見せるためだ。ジコは「アルバムを直役すれば「多大子」だ。空白期の間に世の中が多く変わった。急速に変わる渦中にも変わらないのは音楽に対する私の情熱とエネルギー、そしてアイデンティティだった。過ぎないという意味を込めた。過去の私の姿を引き出して新しい姿に再解釈した」と話した。

/08/01/0000005825_002_20220801174601859.jpg?type=w540″>

合計5曲で構成された”Grown Ass Kid”洗練された流れが印象的なリードシングル「SEOUL DRIFT(ソウルドリフト)」などポップ、ヒップホップ、オルタナティブR&Bジャンルの曲が多彩に収録されている。特にチャンモとコラボレーションで誕生した「Trash Talk(トラッシュトーク)」は、打撃感のある痛快なラップで面白いヒップホップサウンドを聞かせてくれる。曲ごとに大衆性と音楽性、ここにメッセージまで入れて、響きのある曲を作ろうとした。’音源強者’と呼ばれるほど、これまで成績が良かったから耐心不安な気持ちが聞こえた。ジコは「これまでに良い成績を出したため、期待に応えようと作業した。良い成績を出したときは達成感を感じないというマインドで、残念な成績を出したときにはもっと憤慨しなければならないという動機付けを持たせた。ある成績が出てくる。それは肯定的な効果を出すために良い視点で受け入れようとしている」と話した。

ジコは「興(興)」というキーワードを思い出したときに思い浮かぶアーティストになりたい。 「今回のアルバムに対する満足度は80点以上だ。私が持っている満足度と聴者たちの満足度が異なることができると思う。やる予定だ。忘れられない夏をプレゼントできるようにする」と多くの期待を呼びかけた。去る4月召集解除後3ヶ月ぶりに新報EP Grown Ass Kid(グローンアスキッド)を発売し、素早い歩みに突入した。グラウンアスキッドについてジコは昔の出

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!