1日午後、ソウル江南区グランドインターコンチネンタルソウルパルナスで開かれたミニ4集「グローンアスキッド(Grown Ass Kid)」発売記念記者懇談会で質疑応答している。写真提供連合ニュース

歌手ジコがファンデミック以来歌謡界活動について予告した。 「Grown Ass Kid」発売記者懇談会で先にカムバック直前、コロナ19が確定したことと関連した「残念すぎた。カムバック後すぐに連続して提供するコンテンツを準備したが、それができなくなって残念だった。しかし、今週繰り広げる活動で多彩な姿を見せてくれるだろう」と明らかにした。合わせてどうすれば効率的に音楽を伝えることができるか多様に悩んでおり、会社とも頭を合わせて新しいパラダイム構想している段階」と話した。他のすべてが変わる時も、変わらない音楽好みと情熱、エネルギーで長い空白期を超えて再びアーティストとして活動に拍車をかけるという意味を込めたアルバムだ。タイトル曲「オタク」と先行公開曲「ソウルドリフト」などポップ、ヒップホップ、オルタナティブR&Bジャンルの曲5曲が収録された。ファンデミック以来、歌謡界の活動について予告した。ジコは1日ソウル江南区グランドインターコンチネンタルソウルパルナスグランドボールルームで行われたミニ3集「グローンアスキッド(Grown Ass Kid)」発売記者懇談会で

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!