ミュージック提供。

グループ防弾少年団ジェイホップが米国大規模音楽フェスティバル「ローラパロッザ(Lollapalooza)」のフィナーレ舞台を華やかに彩った。米国シカゴで開催された「ローラパルーザ」のメインステージヘッドライナーとして舞台に上がった。この日のフェスティバルの総観客数は10万5,000人と集計された。 World'(ホフワールド)、’Chicken Noodle Soup(feat. Becky G)'(チキンヌードルスープ)などソロ曲と’BTS Cypher PT.1′(防弾少年団サイパーパートワン)、’Dynamite'(ダイナマイト)など総18曲を熱唱した。ジェイホップは「Jack In The Box」というアルバムタイトルのようにステージの上に設置されたボックスから飛び出してステージを始めた後、曲ごとに異なる魅力を発散した。彼はダブルタイトル曲「MORE」と「防火(Arson)」をはじめ、「Jack In The Box」の収録曲の舞台を「ローラパルージャ」で公開し、現地の観客を熱狂させた。

「Noodle Soup(feat. Becky G)」のステージには、フィーチャリングに参加したアメリカの歌手兼俳優ベッキーG(Becky G)がびっくり登場し、観客たちは2人の情熱的な合同パフォーマンスに熱く歓呼した。 > ビッグヒットミュージックを提供。

ロラパルジャの30年の歴史でメインステージを飾った最初の韓国アーティストという大きな足跡を残したジェイホップは「私たちが違う言語を使うが、私は私の音楽を心血を傾けて作る。 (皆さん)私の話を聞いていただきたい」と感想を伝えた。欲、野望で始まったアルバムが盛大に仕上げに向かっていく過程の一つだ。このアルバムを通じてすべてのスケジュールが私に血と肉になったし、今日「ローラファルジャ」をしながら、そして皆さんを見ながらもう一度確固たる信仰が生じた。来てくださった多くの方々に感謝する。光栄です。見知らぬが、この瞬間を勝ち抜いた私自身にも誇らしいと言ってもらいたい」と感想を明らかにした。

イ・イェジュオンライン記者米国大規模音楽フェスティバル「ローラパロッザ(Lollapalooza)」のフィナーレ舞台を華やかに彩った。ジェイホップは先月31日(現地時間)午後、米国シカゴで開催された「ローラパルーザ」のメインステ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!