軍白旗’終えてカムバック、ミニ4集発売記念記者懇談

歌手兼プロデューサージコ(写真)が2年間の軍白旗を終えて帰ってきた。世紀末のコンセプトのトレンディな新曲「オタク」(Freak)と共に。ジコは1日、ソウル江南区で開かれたミニ4集発売記念記者懇談会でタイトル曲「オタク」について「初めてで最後に見せる私の荒い姿」と紹介した。 「オタク」は地球が滅亡する直前の状況を描いた曲。彼は「パフォーマンスに重点を置いた、ジコ特有のエネルギーが引き立つ曲」とし「期待に応える心で書いたが、私も満足な曲」と付け加えた。 2年ぶりに出したミニ4集の名前は「多大子」という意味の「グランドアスキッド」(Grown Ass Kid)。ジコは次のように述べています。音楽を作って聞いて、一人で遊ぶように作った」と説明した。

社会服務要員として兵役義務を終え、去る4月召集解除されたジコは去る2年間、自分について考えをたくさんしたと伝えた。 「私の中に蓄積されたすべてのデータを消去し、私を新しく同期させた時間だった。頭の中が開運された。創作しやすい体調に変わったようだ」という彼は自分に対する修飾語を「興」とした。

“新日には共感され、空虚の時は寂しさを最大化します。私は「興」を代表するアーティストになるべきではないかと思います。まもなく舞台でお会いしましょう!

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!